<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「大鹿村騒動記」観ました~原田さんのこと

先日、原田芳雄さんの遺作、「大鹿村騒動記」観に行ってきました。

原田さんが70を過ぎて初めて自らの企画での主演映画。
なのに、全然、気負いや力みを感じない、軽妙ですが味わい深い演技に拍手。
実は、この映画、原田さんの逝去とごっちゃになって、
楽しくて、はかなくて、悲しくて、こっけいで、
なんと感想を言ったら良いのか分からなくて
しばらくブログを書けませんでした。
でも、1個だけ言うなら、『いい映画です。皆さんに観て欲しい』。

主演の原田さんはもちろん、
大楠道代、岸部一徳、石橋連司、小野武彦、佐藤浩市、松たか子などの
手馴れたベテラン勢にくわえ、
瑛太、冨浦智嗣の若手がとってものびのび、楽しそうに演じてる。
そして舞台は、戦争などの度重なる危機を乗り越えて、
300年間村歌舞伎を伝承してきた大鹿村。
この大鹿村がね、もう美しいの。
THE 日本 といいたくなるくらいの自然美にあふれた土地。
そこでばたばたと繰り広げられるリアルでユーモラスな人間劇と、
板の上で演じる歌舞伎というフィクションが交錯して、
その中で、次第に、それぞれの人間の素直な気持ちがあらわになっていきます。
「生きてる」ってことを、真正面からがっつり、ではなく、
ちょっと横っちょ、あるいは遠目から見せてくれる映画でした。
三國連太郎さんがいいなあ。
風呂敷包みを持ち、腰を曲げて田舎道を歩く三國さん、
神々しいほどでした。
ラストシーンに流れるキヨシローの歌にまたぐっと来ます。
この映画は1000円で観れます!皆さんに観て欲しいです。
b0183613_11193845.jpg


で、原田さん。
1980年作の「ツィゴイネルワイゼン」で頭と心を滅多打ちされました。
同じ鈴木清順監督、松田優作主演の「陽炎座」とともに、
えぐられるように「美意識」という言葉を実感した映画でした。
1990年の「われに撃つ用意あり」は若松孝二監督作。
盟友桃井かおりとの息のあったハードボイルド、
作品はB級かなあと思ったのですが、
ラストシーンが衝撃的で、いまだに好きな(というかインパクトが残る)映画です。

あと、原田さんの歌うブルースが好きで、
三宮のチキンジョージ(だったと思う)でのライブに何度か行きました。
あるときは、ライブが終わってから、北野のジャズの店「ソネ」に立ち寄ったら、
そこに原田さんとスタッフの方、それに女優の栗原小巻さんが来られてて、
トイレの前で原田さんとすれ違って、びっくりして固まってしまった記憶が・・・。

原田芳雄さんのご冥福をお祈りいたします。
が・・・・、これが最後の映画だなんて、悲しすぎる!!!!
[PR]

by fenmania | 2011-07-29 11:23 | 映画・演劇

「コクリコ坂から」観て来ました。

b0183613_15391826.jpg
「観たい映画リスト」にまったく入っていなかった「コクリコ坂から」ですが、
人に(半ば拉致されるようにw)誘われて、昨日観に行ってきました。
思えば、ジブリ映画をスクリーンで観るのって初めてです。

そんなですから、ストーリーもまったくノーチェック。
前知識0%での鑑賞です。
東京オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜を舞台に、
けなげな下宿屋の長女・海と、新聞部の編集長で熱血もて男の俊をめぐる、
熱い青春と純な初恋の物語。

この映画の、何に目を奪われるか、ってのは人それぞれに違うと思う。
「三丁目の夕日」みたいなレトロな暮らしぶりを珍しいと思う人もいるだろうし、
登場するすべての高校生たちの純粋さに目を見張る人もいると思う。
二人のまっすぐに相手を思いあう真心に胸きゅんする人も多いのかな。

二人の通う高校の、文化部が集う魔窟のような古い洋館「カルチェラタン」の
取り壊しをめぐる高校生たちのやりとりがやたら熱い。
俊の作る学生新聞は、取り壊しを画策する学校側に断固として物申している。

ああ、こういう時代がたしかにあった、とかすかな記憶が私の中にもあります。
私の通っていた公立高校、服装は自由で、
私自身もかろうじて1年のときは制服(強制ではないので「標準服」と呼んでいた)を
着用していたが、2年以降はずっとジーパン(当時はそう言ってた)にTシャツという
軽装で登校していました。
で、この服装の自由も、我々の何世代も前の先輩たちが
「服装自由化」を旗印に学校側と強くぶつかり、
粘り強い交渉の末に勝ち取ってくれた「権利」であると、
世代を経て私たちは申し渡されてきました。
「権利」であるからには、それを無にしちゃいけない、
きちんと連綿と後輩たちに伝えていかないと、と、
私自身、小言を言う母親を向こうに回し、
頑張って私服を着て通っていたという面も、わずかながら確かにあります。

私たちの学年になっても、新聞部はやはり「カルチェラタン」と呼ぶにふさわしく、
学生側からの「異議申し立て」の巣窟であり、
私のようなパンピーの目には少しく怖いような男子女子たちが
新聞部の部室に巣食っていたもんです。
携帯電話やパソコンのない、ある意味牧歌的な時代でした。

「コクリコ坂から」は、ある程度の年齢以上の鑑賞者の、
どこかに置き忘れてきた何かを刺激する。
それはノスタルジーではない、ある種の軽い痛みを伴うかもしれない。
そして、若い人には、「『熱いこと』『礼儀正しいこと』はかっこ悪いことではない」
という意識をちらりとでも持てるといいなと思う。
[PR]

by fenmania | 2011-07-18 15:49 | 映画・演劇

声帯ポリープ

6月末から声が出なくなり、耳鼻咽喉科に行ったところ、
声帯にポリープができているということで、
もっか3日の1度の医者通いをしています。007.gif
発症してから12日たちますが、今もって、声はあまり復活しておりません。

ドクターに「ポリープが消滅しないまま沈静してしまったら
大変だから。(手術が必要)」と、言葉を発することを禁じられ、
先週末はオール筆談生活でした。
ああ、疲れる&ストレスたまる・・・・

声帯ポリープは日常的に声を酷使する仕事、
つまり歌手とか学校の先生とかセールスマンとか、
そういう人が発症しやすい疾病です。
最近は「カラオケポリープ」の患者も多いのだとか。
私自身は声を使う仕事には違いないのですが
1日マシンガントークをしているわけではないし、、
カラオケとかトンと行ってないし、お酒も飲まない、タバコも吸わないのに、
ポリープの原因が自分ではよく分かりません。

声帯ポリープの除去手術は、全身麻酔で、
その後1週間は入院が必要らしい。
いやだ~~~ ポリープちゃん、早く引っ込んでくれ~~。

ともあれ、目下、完黙ライフです。
電話も出れないし、来客対応もできないので、
玄関のチャイムは鳴らされるがまま。
いつになったら仕事に復帰できるのか?
ガールズトークも早くしたいよぉ057.gif
[PR]

by fenmania | 2011-07-06 09:27 | 日常