<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年越しに~『海炭市叙景』

2010年も残すところあと1日とちょっと。
朝から寒くて雨模様だったけれども今日はとりあえず大掃除DAY。
窓を開け放っていたので、脱走防止のため、
みやちゃんを扉のある玄関スペースに軟禁してたら
そっちに行きたいよおと鳴いて鳴いて・・・。
いまは鳴きつかれてか、ソファでぐっすです。

年越し用に、図書館で佐藤泰志(やすし)さんの本を
3冊借りました。b0183613_19452286.jpg

佐藤泰志さんの『海炭市叙景』という小説を原作にした映画が、
年明けすぐに公開されます。
公式HPはこちら

雑誌でこの映画レビューを読むまで、
寡聞にも佐藤泰志という作家を
まったく知りませんでした。
1949年函館市生まれ。同年代のダブル村上(春樹・龍)、中上健次らと競うように、芥川賞候補に5回、
三島由紀夫賞候補に1回なりながらも
ことごとく受賞を逃し、結局今から20年前、41歳のときに自ら死を選んだそうです。

『海炭市叙景』はいい小説です。
作家の生まれ故郷、函館市をモチーフにした「海炭市」に住む、
少々貧しくて恵まれない人々をやさしくオムニバス風に描いています。
読後の印象は、「山本周五郎の『季節のない町』みたい・・・」
『季節のない町』は、黒澤明の『どですかでん』の原作になった作品。
やはり貧しくて明日の見えない人々が、それでも精一杯生きていく日常を描いた佳作です。
小説『海炭市叙景』では、海炭市の厳しい冬と芽生えの春が描かれています。
その続きの夏と秋を描くことなく、作家は旅立ってしまいました。

映画は1月8日から大阪の七芸、京都のみなみ会館などで上映されます。
谷村美月ちゃんや加瀬亮くん、南果歩さん、小林薫さんらが出演します。
来年が楽しみです。

皆様、よいお年を。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。
[PR]

by fenmania | 2010-12-30 20:19 | BOOK

12月のお買い物

前回更新からあっという間に2週間が。
大掃除を始めたり、年賀状に手をとられて・・。

なーーーーんてことはまったくなくて、
私の2週間はどこへ行ったのでしょう・・・。

とはいうものの、散財姿勢は寒くても変わらず、
ここ2週間のお買い物をば。

まず、仕事の資料や細かいものを入れる引き出し。
以前は会社によくあるような、プラスチック製の
浅い引き出しタイプのものを使っていたのだけれど、
購入後10年以上経つと、プラスチックは埃ですごく小汚くなって、
買い直しすることに、
で、これ。
b0183613_130077.jpg

木製で、B4が入る引き出しが11段、背の高さは100cmほどです。
これが、なんと、送料込みで9000円なり!
使い勝手がいいので、同じもので7段タイプも欲しいなあ。
こちらで購入→
早速こういう状態に。
b0183613_13154882.jpg
本とDVD。
道尾秀介 「ラットマン」「ソロモンの犬」
白石一文 「どれくらいの愛情」
畠中 恵 「いっちばん」
今邑 彩 「金雀枝荘の殺人」
劇団☆新感線DVD 
 「髑髏城の七人」「朧の森に棲む鬼」

化粧品は、12月アタマでいっせいにほとんどすべてが切れてしまって
泣きながら買った・・・。
ゲラン サクセスフューチャーローション
エスティローダー タイムゾーンAWクリーム
ドクターシーラボ Wモイスチャーミルク

みやちゃんのごはん
ニュートロ ナチュラルチョイス メンテナンスアダルトキャットサーモン入り
ロイヤルカナン 猫用 ベッツプラン エイジングケアプラス(10歳以上)  

次回は激安ニーハイブーツをご紹介(の予定!)w
[PR]

by fenmania | 2010-12-19 13:30 | 日常

窓辺でぬくぬく!

今日はあったかかったですね~~058.gif

みやちゃんは朝から窓辺で充電中。
毛を触ったら、焼き芋みたいにホッカホカになってました。
幸せそうな寝顔053.gif
こんな顔を見ちゃうとほっとけなくて、
うりうりと鼻の頭をいじくったりして、嫌がられてます。
好きな女の子のスカートをめくる、がきんちょ並み?

b0183613_2352467.jpg

[PR]

by fenmania | 2010-12-06 23:08 | ネコ

逆に、便利かも!? チケット現地受取り。

昨晩夕刊を読んでいて、ふと、この広告に目が止まり、なんだか感心してしまいました。

b0183613_1919694.jpg


いえいえ、「沢田研二」にではなく、チケットの受取り方法に・・・。

「電話かファクス」で申し込む。これはまあ、今もある方法です。
へえ、と思ったのがチケットの支払いと引き取り。
「公演当日」に、ライブの会場で精算して、チケットをもらうってことですよね!

いまどきないでしょ、これ・・。 アマチュアバンドのライブじゃないんだから・・・

と思ったのですが、しかし考えるに、
ジュリーのファンといえば、まあ、普通は50代以上の女性の方。
この層なら、ぴあだイープラスだとネットでチケットを購入することなどしらない、
あるいはパソコン使えない、という方も多いのでしょうね。
それを見越してのこの販売方法なんでしょうね。
うーん、これはすごくやさしいかも!
いい感じだ、沢田研二。


このままデジタル化がどんどん進んでいくと、
それに取り残される、いわゆる情報格差・デジタルディバイドの問題は
避けて通れなくなっていきそう。
別に年齢的なものだけでなく、興味がない、あるいはパソコン等を買う余裕がない・・
という人たちが、いろいろな側面で不利になりつつある現在だけど、
それでいいのかなあ、といつも思っています。
私自身はもうパソコンのない日常は考えられないけど、
でも、せーの!でパソコンが世界中からなくなるなら、
それもありかな、とちょっと思います。


さて、ジュリー。私の友達も大のジュリーファンで、
一昨年の「人間60年・ジュリー祭り」
  *沢田研二の還暦記念二大ドーム(大阪・東京)コンサート。全80曲を歌いあげ、
   途中休憩約20分を挟んだ約6時間半のライブを敢行した。
   京セラドーム大阪におよそ2万2千人、東京ドームに3万2千人が足を運んだ。
にも参加して「泣いた」そうです。
[PR]

by fenmania | 2010-12-04 19:55 | 日常