<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『2番目、或いは3番目』@シアタードラマシティ 観ました。

ケラさん率いる「ナイロン100℃」という劇団の、
35本目になる本作で、私はうれしはづかしナイロンデビューを果たしました。
ケラさんのお芝居は、以前『労働者M』という、小泉今日子と堤真一主演のものを
WOWOWで観ただけ。
なぜいまになってナイロンなのか? 
それはもう、本作では小出恵介君が客演してるからさっ。
・・あ、ケラファンの方、ナイロンファンの方、すみません・・・。
かなりミーハーです040.gif

いままでなぜケラさんの芝居に関心を持たなかったかというと、
私にとっては、ケラさんというと、
80年代のパンクバンド、「有頂天」のイメージがあまりにも大きくて、
しかも、有頂天の音楽があまり好きではなかったもので、
その余波がいまだに・・・
すでに、有頂天時代から30年ちかく経ってるのにね。
げに恐ろしきはイメージなり。

そんな食わず嫌いに小出恵介君が風穴を開けてくれて(もういいって)
初ナイロン、と相成りました。

ナイロンのファーストインプレッションは・・・
発声がきちんとしてて、早口でなくて、せりふがスムーズに聞き取れる!
畳み掛けるようなせりふ回しが特徴の野田秀樹さんの芝居は、
せりふが聞き取れないことが多くて、結構ストレスでした。
なもんで、この部分ですでに好感度アップ!(かんたん)

核戦争なのか? 大自然災害なのか?
荒廃したある街に、同じように荒廃したよその街から
「人助け」にきた人々。
それを受け入れる街の人々は、こんな状態になって「不幸せ」なはずなのに、
なぜかすごく明るくて幸せそう。
なぜ?こんなの変! と、人助けに来た人たちは戸惑い、反感を持つ。
・・・というのがこのお芝居のざっとした導入部分です。

どうも、こういうシリアスなテーマを笑いにくるんで提示するのが
ケラさんの手法みたいで、それは本作でもすごく感じ取れました。
ただ、予想していたのは、「身もふたもなく残酷でシリアス」というストーリー。
でも観終わってみたらそうでもなく、
どっか啓示的でわずかなりとも希望を感じることのできる結末に、
これがケラさんの感受性、人間性なのかなあと感じました。
これから先、どうなるんだろう!? と、イマジネーションを掻き立てられる、
面白いお芝居でした。

ナイロンの公式サイトにケラさんが本作を紹介している一文のなか、
「私ゃ社会派とかそういうあれではないし。」にちょっと笑いました。

また、今回は前から5列目という良席が取れて、
ずっぽりと「廃墟の街とそこで生きる人々」の世界観にはまることができました。
座席の位置ってやっぱり重要かもですね。

余談ですが、ナイロンの俳優、みのすけさんって、
インディーズ時代の有頂天や筋肉少女帯のドラマー。
今もケラさんと行動をともにされてるんだなあ。
b0183613_13281631.jpg

[PR]

by fenmania | 2010-07-30 13:33 | 映画・演劇

暑くてブログも滞る・・

なんだかもう仕事と日常生活でいっぱいいっぱいになってしまうほど
暑いんですけど!
昨年の夏の暑さが多少ましだったので、
今年の暑さは新鮮ですが、いやはや殺人的ですな。

ブログサボり期間中に起こったこと・・・
◎わが母校、兵庫県立長田高校野球部が夏の甲子園予選のベスト8まで勝ち進んだこと!
 最後は私立の強豪校にねじ伏せられてコールド負けしましたが、
 いやあ、公立の普通校にしてはご立派です!
 私の現役時代は、同級生は男子3人女子マネ2人(はぃ、うち1人は私です)・・・
 1年から3年までほとんど全員参加させてようやく練習試合ができる、
 という低空飛行の部活でした。
 それが今は軽く紅白戦が組めるくらいに部員も増え、
 今回はベスト8の快挙。いつかは! 目指せ甲子園!!

◎ホームベーカリー、さくさく稼働中。
 おいしさにハマってます。
 レシピ本を買ってみたのですが、ただ食パンを焼くだけではなく、
 いろんな使い方ができると知って目からうろこ。
 たとえば、野菜を入れた惣菜パンなんかも可能なのね。
 パン好きな自分としてはむっちゃ遊べそうです。

◎「村上春樹さんは年に2回コムデギャルソンで服をまとめ買いする」と知った。
 なぜかちょっと衝撃だった。
 春樹さんはアメリカンカジュアルしか着ないイメージだったのでね・・・
 むふふ、なんかうれしい。

◎桑田佳祐サン、食道がんで療養!?
 前にテレビで、思いっきり運動と食事制限をされていて、
 健康に人一倍気を使っていると奥さんの原由子さんが話されてたのに・・・
 いや~~ん、桑田さん、早く元気になって~~~
 実は思い切り桑田ソングのファンです。

ではみなさま、お暑い中、くれぐれもご自愛くださいね~
[PR]

by fenmania | 2010-07-28 13:50 | 日常

ホームベーカリー、購入!

迷いに迷った末、ついにホームベーカリーを買ってしまいました。
迷っていたのは、
1・元を取れるくらい使う前に飽きてしまうかも?
2・街のベーカリーのパンが好きなので、ついつい市販のを買ってしまって
結局使わなくなるかも??
3・食パンなら、市販のほうが圧倒的に安い!
という3点から。
それでも、パンク偉人、いや、パン食い人の私は、
よそ様のブログなどで「自家製食パンの味に慣れたら、
市販の食パンを食べられなくなる(そのくらいウマイ)」という声をいっぱい読んで、
さて、どのくらいうまいんだろう、と、とっても興味を持ってました。

メーカーもいろいろと迷いましたが、
ホームベーカリー機の専門メーカー、MK製に。
楽天のポイントがずいぶんたまっていたので、
5000円位で買うことができました。

さて、作り方はごくごく簡単!
強力粉、ドライイースト、バターなど材料をそろえて、
テキストどおりに分量を量り、パンケースに放り込むだけ。
あとはスイッチポンで、待つだけ!
ほんと、炊飯器並みのお手軽さにびっくりです。

3時間半後、パンの焼けるおいしそうな香りが・・・・
取り出して、またまたびっくり。
ずぶの素人やのに、ちゃんとできてる! 膨れてるよー071.gif
わくわく気分で端っこをそのまま食べてみると、皆さんが言っておられるように、
そのままでもむっちゃおいしいやん!
早く食べたくて、記念すべき初パンをシャメしとくの忘れてしまいました。
た、たしかにこれは、癖になるかも・・・・
でもその分、食感がどっしりしていて、1枚でおなかいっぱいになる・・・
カロリー高そう・・・008.gif

あまりにおいしかったので、中に入れるために
アーモンドや胡桃、ドライフルーツ、チョコレートなどを
いっぱい買ってしまいました。
次は全粒粉で大好きなナッツ入りパンを目指しま~す♪
[PR]

by fenmania | 2010-07-18 21:22 | 日常

「日々の廃棄」生活、継続中。阪神思い出グッズも。

「日々の散財」というブログネームに反して、
ちょっとモノを買わない暮らしに突入している昨今。
「がらん」とした生活に憧れ、
日々モノを処分しつつあります。

とはいえ、うちのにゃんこはいろんな家具の上に乗るのが好きで、
にゃんこのためだけに部屋に置いてるなあ、と思える家具は
ざっと数えただけで5台はあります。
全部処分できたらさぞ「がらん」な生活でしょうが、
そこはそれ、何よりにゃんこの快適を優先したいネコ命の私ですから、
中に何にも入ってない棚でも箪笥でも、
みやちゃんが気に入っていれば置いときますとも・・・・・。


さて、本棚の上に何年も前から置かれている箱の中には、
2003年と2005年に阪神タイガースがリーグ優勝した折の
記念グッズがいっぱい詰め込まれています。
優勝特集の雑誌とか、優勝翌日のスポーツ紙一式とか、
記念バッチとか、記念タオルとか、記念応援バットとか、記念ごみ袋とか(こんなのも出てたんですな)

「歳をとった時に取り出して懐かしもう」(笑)とストックしていたのですが、
思い切って処分することに。
星野監督、岡田監督、さようならあ~~~~040.gif

で、久しぶりに見つけたのが、これ。
b0183613_20443812.jpg


これは、優勝を決めた翌日に、デイリー、サンスポなど、大手スポーツ紙をまとめて詰め、
駅の売店で売られる「優勝福袋」です。

阪神ファンの方なら、あれ??と気づくと思うのですが・・・

そうです、2003年、阪神は「日本一」にはなってないんですよね。
対戦相手はダイエーホークス(現ソフトバンク)。
私はチケットぴあで必死にチケットを取り(たぶん売り出し後5分程度で完売)
第3戦を見に行きました。
ペナントレースとは全く違う雰囲気にまずびっくり。
甲子園全体が揺れ、うなりをあげているような満員のファンの声援に鳥肌が立ちました。
その試合は、延長戦の末に藤本(現・ヤクルト)がサヨナラ犠牲フライで勝利!!
今も忘れられないゲームです。

5戦を終わって阪神の3勝。残る2試合で1勝すれば日本一だったのに、
地元福岡に戻ったダイエーにみごとにうっちゃられ、2敗を喫して、
無念にも日本一を逃してしまいました。


・・・ところが、この袋、優勝の翌日に絶対必要なものなので、
印刷会社が「祝日本一」のやつをすでに作ってたんですね。
不要になったばかりか、社外に出すことも許されない幻の「優勝福袋」ですが、
なぜか知人からポンと「阪神ファンやったね。あげるわ」と渡されて、
泣いていいのか笑っていいのか…。

まあそんな思い出のある幻の福袋ですが、
これも処分することにしました。
まあ! こんなモノ置いておく必要はないわ!
実力で日本一を分捕ってやるからね! と鼻息荒く「阪神思い出グッズ」を処分しました。
いいぞ、わたし。

だもんで、阪神さんよ、私のコレクション新たに作るべく、
今年は優勝してよね。お願いしますよ!
[PR]

by fenmania | 2010-07-11 21:09 | 日常

コピー機を廃棄処分

阪神大震災の翌年・1996年に大阪で、ライター仲間数人と
共同事務所を立ちあげていたことがあります。
谷町6丁目の小さいマンションがわが城でした。

当時は、自宅で仕事をするのではなく、曲がりなりにも事務所を借りて、
屋号を持って仕事をするのは、フリーランスとしての夢の1つでありまして。
実現できたときは、そりゃうれしかったものです。
その折、知人から安く譲ってもらった古いコピー機がこれ。

b0183613_1826448.jpg


文章を書く道具は96年当時のワープロからiMac、
Windows機へと変遷していきましたが、
5年間の事務所暮らしを経て自宅へ逆戻った時にも、この古くてでかいコピー機は処分を免れ、
長くリビングの一角でドン!!と存在感を放ってきました。

しかししかし、ここ数年のネット環境の激変により、
「コピーを取ってファクスで送る」という作業がまったくなくなりました。
ここ1年の間に仕事でコピーを取ったのって、たぶん数回・・・・。
その程度の使用頻度のモノを、狭い自宅に置いとくのもどうだろう・・・と
処分するか否かをずっと悩んできました。
業務用のコピー機は、わが自営業生活において、
事務所開設という1つのエポックメイキングな出来事を象徴していたものですから、
なかなか処分の決心がつかず・・・。

でも今回、「こんなに使わないものを持っておく意味はない!」とすっぱりと処分を決意。
ちょうど、調子が悪くなってきて、メンテが必要な時期になったことも幸いしました。
最初はメーカーに電話して処分を依頼したら、
何と9000円の処分料金がかかると言われました。
き、9000円…。
次に、住んでいる市の役所の粗大ごみ引き取り係に問い合わせたところ、
2400円で引き取ってくれるとのこと!
その場で申し込み、14年間お世話になったコピー機ちゃんは、
海辺にある廃棄場へと引かれて行きました・・・。ながいことありがとうっっ!
  ♪♫ どなどなど~~な~~・・・・060.gif

すこん!!と空いたリビングの一角。
ここには新しい本棚を置く予定。
本棚がうちには1台しかなく、入りきらない本がてきとーなカラーボックスなどに
詰め込まれているのを、まとめて保管するのが長年の希望だったので・・・・。
思い入れのあるものでも、思い切って処分してみると、
意外と「なーんだ、早く処分しとけばよかった」と肩の荷が下りる感じがするものですね。
[PR]

by fenmania | 2010-07-09 18:51 | 日常

「村上春樹ロングインタビュー」掲載雑誌買いました

b0183613_17275986.jpg


これまでの作品を網羅しながら『1Q84』に触れつつ、
村上春樹という作家の姿勢や考え方をがっつり80ページにもわたって掲載されているのだから、
ハルキニストの私には絶対見逃せない、今号の『考える人』。
アマゾンで予約をしておき、楽しみに待っていました。
で、今日無事届きました。

文字の級数をあげて・・・行間を空けて・・・改行をやたら行って・・・・
というような、今ハヤリの携帯小説のような姑息なレイアウトはいっさいナシ。
えっと、1ページのレイアウトが23字×30行×3段だから・・・2070字!!??
それが80ページで、165600文字!!!???
・・・・・同じくインタビュー記事を書く者としてはちょっとくらっとしそうな文字数で、
がっつりと内容豊富なインタビューです。
インタビューは5月に箱根の富士屋ホテルで、3日間にわたって行われたそうです。
その時間軸に応じたのか、内容も1日目、2日目、3日目に分かれています。

最初の数ページだけ読んでも、なかなか興味深いです。
たとえばあの大ヒット作『ノルウェイの森』の話題。
春樹さんいわく、「書き終えたとき、リアリズムの話はもう十分だと思いました。
もうこういうのは二度と書きたくないと」
どういうところが「こういうの」なのかというインタビュアーに答えて、
「これは僕がほんとうに書きたいタイプの小説ではないと思った、ということです」と
クールに突き放したりして。
BOOK4があるかも、と噂される『1Q84』のことや、生まれ育った芦屋のこと、
例のエルサレム賞に関しても語られているようです。
詳細はこちら
いやあ、読み進むのが楽しみです!

この『考える人』という季刊雑誌、かなり高質で読みごたえのある雑誌です。
興味のある特集を何冊かバックナンバー買いしてみようかと思っています。


廃棄処分を待っているコピー機は、
引き取り先を精査中。
手放すまでにいましばらくかかりそうです。
[PR]

by fenmania | 2010-07-04 17:57 | BOOK

新・お片づけの本、『断捨離(だんしゃり)』買ってみました。

モノを捨てたり整理したり処分したり…
という行為が実はとっても好きです。
昔から整理整頓はあまり苦にならないほうだったけど、
モノの処分を意識的に行うようになったのは、
5年ほど前にカレン・キングストンというイギリスの風水師が書いた
『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本を読んでから。
読み終えてから、憑かれたように(笑)片づけパワーが沸き起こり、
家財処理業者さんにトラックで来てもらって、
大量に家具やら服やらを廃棄処分にしてもらいました。

以来、日々の片付けや処分はこまごまとやっていたものの、
最近ふと周りを見渡すと、「なんかまた物が多くなったなあ~~」と
気持ちがふたがれてました。
で、再びの大量処分のきっかけにしたいと、話題の『断捨離』を購入。
『ダンシャリアン』という言葉も生まれたほどに、
お片づけ本の中では売れているそうです。
b0183613_2072472.jpg
こんな感じ。

この本で訴えていることはただ1つ。
モノを主体にするのではなく、
自分を主体にしてモノと相対しましょう、ということ。
モノとしての寿命はまだまだあるとしても、
それが自分にとって必要でなくなっているとしたら、
そのモノの鮮度は落ちている。本の中では「腐っている」という言い方をされています。
「いまの」自分にとって、必要なものだけを残し、「捨てる」。
そして、無制限に入ってくるモノの流れを「断つ」。
その結果、モノへの執着から「離れる」。
これが「断捨離」のプロセスだそうです。

まあ能書き(失礼!)はさておき、
自分に、今必要でないものは・・・・と周りを見渡すと、
今までまったく目に入ってこなかったものがたくさん目に飛び込んでくるようになりました。
最たるものは・・・・処分の仕方がわからなかった大型のコピー機!!
これにはちょっとした思い入れがあって
今まで処分しようとかは積極的に思わなかったのですが…

(長くなるので、明日に続けます)
[PR]

by fenmania | 2010-07-03 20:11 | 日常

楠公さんの手作り市

楠公さん・・・・神戸人ならすぐにわかると思いますが、
楠木正成を祀った神戸の大神社、湊川神社のこと。
生田神社、長田神社、そしてこの湊川神社の3社は神戸っ子なじみの神社です。

その湊川神社では、毎月1日に境内で「楠公さんの手作り市」を開催しています。
こんな感じ。
b0183613_15394379.jpg

b0183613_1557577.jpg

今日は朝から曇り気味でさほど暑くなかったので、
母親を連れ出してみました。
うちの母親は年齢とともに外出することが少なくなっています。
あまりに出歩かないと足元もおぼつかなくなってきそうなので、
ときどきはこうして外出に引っぱり出しているのです。

手作り市はこじんまりとした規模で、
ハンドメイドのバッグや小物、ポストカード、木彫品、などなど。
さほど興味をそそるようなものもなかったのですが、
緑豊かな境内に点在するテントがなんだかかわいらしい感じでした。
b0183613_1544746.jpg


次回、8月1日は日曜なので、
出品する人ももっと多くなるかもですね。
お近くで興味のある方は、ぜひぜひ。

帰りには、湊川神社の道路をはさんだ南側にある「菊水總本店」に。
菊水總本店は、これまた神戸っ子なら一度は口にしたことがあるはずの
瓦煎餅で有名な老舗の和菓子屋さん。
営業不振により、今年1月に140年の歴史を閉じたものの、
廃業を惜しむ元従業員ら4人による共同経営で3月に営業を再開しました。
主商品の瓦煎餅は素朴なお味でとても好きなお菓子なんです。
自主再建を応援すべく、時々買いに来ています。
こちらでも買えますよ~
[PR]

by fenmania | 2010-07-01 15:59 | 日常