<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

体型はメンズ向き?

大昔、小林麻美というタレントさんが
よくメンズのシャツとかを着て女性誌のグラビアに写っていました。
ものすごくかっこよく見えたのですが、
女性がメンズを着るのは、やはりちょっと難しくて、
(特に肩が落ちるので、だらしない感じになる)
トライしたことはあまりありません。
b0183613_1305851.jpg
小林麻美嬢。
眉毛、ふとっ!






ところで、私はレディースのデニムが似合いません。
理由はかんたんで、
女性らしいキュッとした曲線、砂時計のような、ギターのような、
キュツ、ポン、というラインがない体型だからです(涙)。
いわゆる寸胴。
ウエストのサイズの割りにヒップサイズが足りないものですから、
レディースのデニムは、ウエスト、ヒップ、どちらにあわせても
なんか垢抜けないというか、サイズがあってない感がありありで、
これというものに出会えないまま。
いわゆる、「ボーイフレンドジーンズ」のだるっとした感じも好きですが
(aikoちゃんのイメージね)
これも、女の子の体型がないと、一挙に、
「オーバーサイズの“Gパン”をはいてるおばさんの図」、
になってしまって。

ところがこの間、メンズのデニムを何気なくはいてみたら、
これが結構しっくり来て。
ウエスト、ヒップともにぴたっとフィットして
「サイズ違い」を着ているように見えなかったのを幸い、購入に至りました。
メンズのボディラインに近い、というのも
多少物悲しいものがありますが・・・・。
名称はスキニーフィットストレ-トジーンズ。
スキニーなのかストレートなのか、はっきりせい、
という名前ですよね(・・;)
ともあれ、昔の小林嬢には程遠いですが、
メンズも選択肢に入ると再確認した次第です。
[PR]

by fenmania | 2010-01-29 13:09 | ファッション

むき出しの感情!

先日、ひどいおさーんに会いました。
ある仕事の場で、60歳位の男性に
「・・・・・・・でよろしいですね?」と確認したら、
チッと嫌そうな顔をして、「それでええから言うんやないか!
(当たり前のことを聞くなって感じで)」と返答。

何やこいつ、口の利き方知らんな、と思いながらも、
まあ仕事だからと、にこやかに、
「済みません、今ちょっと混みあっていますので、
・・・・・ほどお待ちいただくことになりますが?」と
回答すると、
おさーんは舌打ちして、その場でジダンダ踏んで、
「はあ? そんなに待つのんか?」と、ものっすごい形相で。

ここまで来ると、その反応がおもしろくなって、
「はあ、申し訳ございません」と澄ました顔で言い、
嫌なら止めれば光線をびりびり発射してみた。

すると、急に気弱になったのか、
「まあええわ、待つわ」と捨て台詞。
そのまま去っていった。

一緒に居た同業者と、顔見合わせて、
「わっからーーーーん(あきれたを通り越して爆笑!)」041.gif

自分の思うとおりにいかないからと、
むき出しの感情を、あれほど最悪なかたちで露呈する
ええ歳したおさーんを久しぶりに見ましたわ。
人としての礼儀とか、仕事のマナーとかお構いなしかい。
私は短期間の付き合いで済むけれど、
この人の部下や子ども、まじ気の毒だ・・・050.gif
職場鬱って最近多いけど、
こういう人が元凶かもかも!
[PR]

by fenmania | 2010-01-27 18:46 | 仕事

NHKドラマ「その街のこども」のこと。

震災15年のメモリアルとして、NHK大阪放送局が制作したドラマです。
1月17日の夜に放送されました。

主演は森山未来と佐藤江梨子。
脚本は渡辺あや。(「メゾン・ド・ヒミコ」「ジョゼと虎と魚たち」の脚本家です)
3人とも神戸に育ち、実際に神戸で震災を体験した人たちです。

ドラマは、2010年1月16日の夜から1月17日の早朝、5時46分までのお話。
新神戸駅で偶然出会った男女が、なぜか一緒に三宮から、
女のおばあちゃんの家のある御影(東灘区)まで歩き、
また歩いて三宮まで戻ってくるというロードムービー。
ざくざくとした、手持ちムービーじゃないかって感じの画像が
ドラマにぴったりです。
ことさらに震災時の映像をはさむなんてことは一切せずに、
あわあわと深まる極寒の夜の神戸界隈をひたすら歩く2人。
b0183613_19355774.jpg

2人とも、こどものころに震災を経験したけれど、
今は神戸を遠く離れて東京に暮らしている。
互いに反感を持ちながらも一緒に歩くうちに、
次第に双方がもつ震災へのねじれた思い、傷ついた痛みがわきあがってきて、
それを言葉に表し、行動に転化し、気持ちを再生させながら、
5時46分の三宮・東遊園地(祈り・浄化の場)にたどり着く、という
ざくっとしたストーリーです。

渡辺あやの脚本が絶妙。
震災の時、「その街のこども」たちがどんな思いだったのか。
「その街のおとな」であり、こどもが近くにいなかった私には
想像の埒外ではあったけれど、
そうか、そういうこともあっただろうなあ、
学校がなくなってうれしいこどもばかりじゃなかったんだなあ、
と、自分の想像力の貧しさにはっとさせられました。

そして言葉。
3人ともが神戸弁を使える人たちだから、会話にまったく違和感がない。
これって、大事なことだなあと痛感しました。
学生時代まで使っていたけど、今はもう使っていない、
懐かしい言葉もひさしぶりに聞いた。
「はみご」(仲間はずれ)という言葉や、
目の前の相手に呼びかける二人称の「自分」という言葉。
なんか懐かしくてくらくらした。
森山未来君の神戸弁は、当たり前だけど完璧だ。
私が見ているのはドラマなんかではなく、
今そこで起こっている小さな現実、と思わせるのは
この、「生まれ育った場所の言葉」の威力でしょうね。

渡辺あやは無関係に思える小さなカケラをを積み重ねて
珠玉の物語をつむぎ出す、大好きな脚本家です。
震災云々は別にしても、このドラマは★★★★★。
再放送があったら、ぜひ見ていただきたいと思います。

「その街のこども」
http://www.nhk.or.jp/hisaito/sonomachi/
[PR]

by fenmania | 2010-01-23 19:39 | その他

「今度は愛妻家」観ました

豊川悦司&薬師丸ひろ子 というと、
名作「きらきらひかる」(1992年の作品)の主演2人。
「きらきらひかる」はアルコール依存症の妻(薬師丸)と同性愛者の夫(豊川)、
そして夫の恋人(筒井道隆)の奇妙な三角関係を描いた映画ですが、
これがむちゃくちゃお気に入りだったもので、
それからかれこれ18年経った2人は、この「今度は愛妻家」で、
駄目ダメな夫婦をどう演じるのか? が興味の1つでした。

以下、この映画は、完璧にネタバレ厳禁の映画ですので、
ストーリーに関する感想は書きません。

女好きでぐーたらな「元」有名カメラマンを演じる豊川悦司。
これがね、もう、きったないの!!
あの貴公子然としたトヨエツとはおもえない!
「20世紀少年」の時は、かなりダイエット&筋トレしたのか、
格闘技の得意な不死身の男という役割をものすごく熱くかつクールに演じて
すごいカッコよかった。
なのに・・・・・
これが「役作り」なんでしょうねえ、「今度は~」では、
不健康な生活でムクミまくった顔に、
ぼよんと膨れたお腹。小汚い金髪。
アップがちょっとつらかったほど、勘違いしまくった汚い中年男でした。
トヨエツ、すごい。
いくら映画でも、自分をここまで汚くできるなんて、さすが役者根性!と
変なところで感心しました。

ひるがえって 薬師丸ひろ子。
私のあまり好きでない女優さんです。
なぜだろう、あの声が嫌いなのか、あの「いかにも演じてます」風の
ぶりっ子タイプの演技スタイルが鼻につくのか・・・・
とにかく、今作でも、「半径10メートル圏内(自分の家庭・夫のことだけ)
にしか興味を持たない、健康オタクな専業主婦」を、完璧に演じてまして。
ああ、鼻につくったら(爆)。
その歳で、「きゃっ(はあと)」とか言ってぶりぶりするんじゃない!と
わたしゃ内心罵倒の嵐で・・・。
でも、客にそういう感情を起こさせるのも、それもまた大女優の大女優たるゆえんなのかと思ったりもして。

まあともかく、ある意味、俳優という職業の虚構性をしっかりと確認した映画ではありました。
ああ、ストーリーには一切触れないで書くのは難しい!
監督は「せかちゅー」の行定勲監督。
オカマ役を演じる石橋蓮司がステキでした。
お勧め度 ★★★★☆

b0183613_1151637.jpg

[PR]

by fenmania | 2010-01-22 11:13 | 映画・演劇

ハイチへ・・・・

日本ユニセフを通して、
「ハイチ地震緊急募金」に些少ですが募金をしました。
スマトラ沖、パキスタン、四川など各地で起こった自然大災害のたびに、
条件反射のようにユニセフの公式サイトから
クレジットカード引き落としで募金をしています。056.gif
ユニセフに決めているのは、
「どこに送ろうか」と毎回悩むのが
面倒くさいというだけの理由ですが・・・。

ほかにも、各種自然保護のための募金もしているし、
個人的に野良犬野良猫を救う活動をしている人にも
心が向いたらお送りすることもあるし、
収入における「募金率」は、結構、高いほうかもしれません。035.gif

そうなった理由は1つ。
阪神淡路大震災で、被災者となり、救ってもらうありがたさが
身に染みているからなんです。
当時住んでいた地域は、ライフラインの復旧がかなり遅くて、
電気だけは17日当日に奇跡的に復旧したものの、
水道は3月、ガスは4月の末、最寄りの阪神電鉄に至っては
確か6月くらいまで完全復旧はしていなかった記憶があります。
お店もぜんぜん開いてないし、ガスも水もないのですから、
食事の作りようがありません。
1日3食、近くの小学校に、お弁当を家族分もらいに行きました。
炊き出しや、日用品の配布の恩恵にもあずかりました。
水は、全国の自衛隊がタンクローリー車で運んできてくれ、
学校の校庭でポリタンクに入れてくれました。040.gif
他人様の手助けがあって、
何とか生き延びてくることができた経験は、
かなーーり濃く深くカラダに染み込み、
何かことがあると脊髄反応のように「募金」という行為に走っています。
ほんとうは自分の体を動かしてのボランティアが
一番いいのかもしれないけれど、
現実問題、それは無理だしね・・・・。

明日で、あの日から15年。
もう15年、なのか、まだ15年、なのか・・・。
私の感覚では、「まだ15年」。
たかが15年くらいでは忘れることなどできないなあ。059.gif

b0183613_14311097.jpg
毛布に包まるみやちゃん。
さてどこにいるか分かりますか?w
[PR]

by fenmania | 2010-01-16 14:42 | その他

はやくも新感線の10年春公演・先行予約が・・・

昨年の11月に劇団新感線秋公演「蛮幽鬼」を観たところなのに、
早くも2010年春公演「薔薇とサムライ」の先行予約に手を染めてしまった・・・・orz
チケット代、安くないのに・・・いえ、むしろ高いのに・・・・orzorzorzorz

年に2回、決まって公演を行う新感線。
どこで引退したらいいのか分かりません。
演劇好きの友達のpちゃんは、すでに手を引いたというのに・・・

けど、今回はいく。やっぱりいきたい。
なんせ、今回のヒロインは大好きな天海祐希さんだから。
しかも主役は愛する古田新太さん。
森山未来君が出ないのは残念ですが。

目下申し込んでる先行はJCBカードのやつ。
これは1月末くらいまでの申し込み期限です。
4月・5月に行う公演チケットをなんで1月に
オタオタしながら差配せなならんのだ、
とは、ちょろっと思います。
すべてが前倒しすぎるねん、と感じます。
セールでも、真冬の服が一番必要な2月頃には
もうろくな冬服残ってないもんなあ。
甲子園の阪神戦チケットも、シーズン終了までのほとんどのチケットを
春先に販売してしまうから、行きたいときにチケットが残ってない。
半年も先のことなんか、まったく予測できないっつーの!

とまあ、生き急ぐ世の中ですよねえ。とぶつくさ。
[PR]

by fenmania | 2010-01-13 14:04 | 映画・演劇

宵えびすへ@西宮神社

1月9日~11日は「十日えびす」。
阪神間在住である私には小さいころからなじみのお祭りですが、
他の地域では、どうなんでしょうか?

西宮神社は、福の神「えびす様」の総本社で、この十日えびすの3日間で、
全国から100万人を超す人たちが福を求めてやってくるとか・・・。
今日、9日は「宵えびす」、10日は「本えびす」、11日は「残り福」といわれています。
私は今日、参ってきました。

阪神西宮駅から神社への道すがらは、屋台がぎっしり!
屋台好きにはたまらない参道です。
東側の鳥居から入ります。
西宮神社の境内はかなり広くて、ここにもいろんな屋台がぎっしり!
なんと、「おばけ屋敷」まで登場しています。
b0183613_19535573.jpg


つづいておみくじ。
「鯛みくじ」というこちらオリジナルのおみくじがあります。

                      これこれ↓ ↓ ↓
b0183613_20114356.jpg

鯛は、もちろんえびす様のトレードマークです。
3~4センチくらいの小さな陶器製の鯛が、丸めたおみくじをかかえているもの。
筒から番号のついた棒を引き出すタイプではなく、台の上にずらりと並んだミニ鯛の中から、
好きなものを1つ選んで吉兆を占うのです。
300円を納めて、さて選ぼうと思って鯛の載った台を見わたすと、
なぜか1匹だけこっちを見ているやつと目が合って・・・。
思わずそれを手にし、丸まったおみくじを広げると・・・・
                         ↓ ↓ ↓ ↓
b0183613_206995.jpg

大吉でした。
やっぱり、人とは目を合わせてコミュニケーションするものです。(鯛だけど)

帰りに「えびすまんじゅう」を買って帰りました。
酒の街・西宮らしい、酒まんじゅうです。
少し寒かったけれど、何だかいい休日でした。
[PR]

by fenmania | 2010-01-09 20:17 | イベント

おみくじは吉、柏原君に感動。

今年のお正月はうららかで気持ちよかったですね。

2日の午後は神戸・三宮の生田神社に。
かの紀香嬢が結婚式を挙げた神社です。
(もう、こういうPRの仕方はできなくなりましたが。)

長くおみくじを引いてなかったのですが、
気が向いたので200円を納めて引いてみました。
吉、でした。
「空にむら雲が何チャラ」という和歌でした。
失せものは、「長くかかるが出てくる」そうです。
特に失せもの、ないんですけどね・・・

2日、3日は箱根駅伝にかじりつき。
3日は朝7時半に起きて復路の最初から延々見ちゃいました。
これも「風が強く吹いている」の影響ですね・・・
アナウンサーもこのフレーズを使いまくり。

『華の2区』『山の5区』がやはり目玉だったんですが、
なんと言っても東洋大学の5区走者、柏原君がすごかった・・・・・
トップと4分26秒差の7位でタスキを受けると、6人をごぼう抜き。
区間2位に4分以上の差をつける異次元の走りでゆうゆうトップでゴールイン。
ほかのランナーとはものが違うと、素人の私が見ても、そう確信してしまったほどの
ものすごく力強いフォームで、坂道なんて無いみたいにぐいぐい登り切る姿に
ちょっと惚れました。
その若さ、その際立った身体能力、その天分に、
鬼神のような活躍を見せた09年度の日ハムのダルビッシュ投手を重ね合わせて見てしまいました。


さて、今日は仕事始め。
ことしも頑張ります!
[PR]

by fenmania | 2010-01-05 22:53 | その他

おせち

あけましておめでとうございます。

大丸で注文した3段おせち、¥21000なり。
種類が多くて楽しいですが、味が濃くて、たくさんは食べられません。
お雑煮は、鶏肉でとったベースにしょうゆを加えて整えたおだしに、
かまぼこ、だいこん、にんじん、ゆりね、鶏肉、みつば。

b0183613_1275175.jpg


大晦日の年越しそばからしょうゆ味ばかりでさすがに飽きてきた。
そろそろピザかパスタでも食べたいところです。
お昼から生田神社に初詣行ってきます。
[PR]

by fenmania | 2010-01-02 12:09 | FOOD