<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

楽しいもの見つけに

12月も末になってようよう多忙の山を越し、テレビを録画したDVDを見る余裕も出てきました.
その中で、特に心に残ったのが、この2つ。

◎NHKで放映していたお芝居「楽屋」。
大好きな清水邦夫さんの脚本を生瀬勝久が演出、
渡辺えり、小泉今日子、村岡希美、蒼井優の4人が出演するだけの短いお芝居。
舞台は、チェーホフの演劇がかかる楽屋。主役のニーナを演じるのは村岡。
そして、それ以外の3人はプロンプター。
プロンプターとは出演者が台詞や立ち位置、所作を失念した場合に合図を送る役割のスタッフ。
せりふはもちろん、すべての段取りを頭に入れておく必要がある。
出演者に何かアクシデントがあったときは、交代することもあるらしい。
そしてこの3人のプロンプターのうち2人はすでにこの世の人でなく(したがって生きている人には見えない)、
残る1人も心を病んでいる。
幽霊である2人は、ただ1人の女優である村岡にいろいろとちょっかいをかけたり、
自虐的な話をしながら、もう訪れることのない「出番」を、
舞台メイクをしつつ、延々と楽屋で待っているのだ。
清水邦夫さんらしい、根源的な悲しみを覚える演劇で、
見終えたときちょっとダウナーになってしまった。
生瀬勝久さん演出ということで多少は笑の要素も交えてあったのがよかったな。
b0183613_1152214.jpg


◎2つ目は、いまさらですが、映画『クローズゼロ』。
仕事でインタビューさせていただいたD東俊介くんが出演しているということで、トライしてみた。
個人的に、殴りあったり血が出たりする暴力シーンが多少苦手なので、
最後まで見通せるかなあ、と危惧しながら見始めたんだけど、
これが結構おもしろかった! さすが三池監督。
ただひたすらに『鈴蘭高校のてっぺん」という栄光を目指すためだけに
殴りあう高校生たちは、どういうわけかかなりリアルで、
たぶん、日本の戦国時代ってこういう感じだったのでは?と思わせる。
主人公の小栗旬君演じる源治が、『てっぺんをとるには、腕力が強いだけじゃだめなんだ』と悟りつつ、
『男気』と呼んでよいような人間性を磨いていこうとする、そのあがきがよかったな。
あと、なんと言っても源治のライバル、多摩雄を演じる山田孝之が秀逸。
カリスマ性、ってのはこういうことをいうんだなあと感じさせる役作り。
源治が地を這いながら身につけていく指導力を、多摩雄はそこに存在するだけで発揮する。
この対比もかなりおもしろかったし、
D東くんはクールでかっこよかったし、私の好きな桐谷健太くんもよかった。
『パッチギ!』さえ正視できなかった暴力嫌いなんですが、意外なあたりでした。


さて、来年もたくさんの『あたり』にめぐり合いたいです。
皆さまよいお年を。
[PR]

by fenmania | 2009-12-30 11:17 | 映画・演劇

18.8歳の時の感動が・・

「統計を取ると、平均18.8歳の時に感動した物を人は感動の基準にするらしいよ」と、
ある人が、とある対談で語っていた。

18.8歳の時に私は何に感動していたのか・・・というと
改めて思い出す必要性もなく、ひたすらROCK ROCK ROCK
あとは本と映画。
18歳から20歳までの間は、みごとにROCKと本と映画と野外芝居と、
当時バンドをやっていた彼氏一色。
ほかにはなーんもイランと思っていましたワ(-。-;)
まあ3回生になれば、就職とか働くこととかにちょっとは頭を使うようになってきたけど、
それでも大学の4年間は、ひたすらに自らの興味のままに時間を費やしてしまったおばかな時代です。
サザンの古い曲に「惚れたはれたの話の合間に Misic music music all night」
ってくだりがあって、まさしくそんな感じ。

なーんや、ホンマに今とあんまり変わってないわ・・・。

ちなみに冒頭の「平均18.8歳の時に・・・」は、頭脳警察のPANTAのせりふ。
PANTAは「マラッカ」が好きで、エンドレスに聴いていたなあ・・・。
来年そうそう、頭脳警察のドキュメント映画が3部作で公開される(総時間5時間以上・・・)んですが、
できたらがっつり見てみたいと思っています。

↓ 頭脳警察(PANTA&TOSHI)
b0183613_11283933.jpg

[PR]

by fenmania | 2009-12-27 11:42 | MUSIC

ダイエット続行中

今、私の周りでは5人の方がダイエット実行中です。
うち男性2名はかなりハードなダイエットに1年間取り組み、
10キロ近くも痩せたとか。
その方法は、「夕食を食べない」こと!
営業マンなので、夕食食べないってのは
かなり状況的にも難しいのではないかと思うのですが、意志堅く実行されてます。
「それだけ長く続けたら、もう食欲が低下して、ものを食べたいという気にもならないのでは?」と
聞いたら、
「いやいや、やっぱりいつも飢えてます」というお返事。
ダイエットの道もつらいものです。

ひと事のように聞いていた夏を過ぎ、
秋口になってシーズンものを取り出して身につけてみたところ、
うん??? きゅうくつ!・・・・・・%&$#=・・・ふ、太った・・・?
・・・・太ると、一番悲しいのが、気に入りの洋服がきれいに着こなせなくなること。
食事<<<洋服 なので、
直ちに私も「夕食抜きダイエット」に取り掛かりました。
家で仕事をしているときは、1時ころにしっかりと昼食を食べて、
その後は重いものは口にしません。
せいぜい夕方に果物とかトマトを食べる程度。

だいたい、私の年齢になると、基礎代謝が落ちて、
実際問題としてそれほど食べる必要がないはずなんですね。
1300カロリーをめどにして、栄養バランスにさえ気をつけていれば、
食べないと身体が弱って死に至る、ってことは絶対ないわけですから。
「食べたい」と感じるのは身体の危険信号ではなく、単なる感じ方に過ぎない、と思うわけです。
単なる感じ方であるなら、ものを食べる快感より、
好きなパンツをすっとはける時の快感が勝るのがワタシ。

以来2ヶ月、夕食を抜いてきて、亀の歩みではありましたが
ようやく2.5キロ減で元の体重にもどりました。
ダイエット、お正月を迎える今からが正念場です。
[PR]

by fenmania | 2009-12-25 11:47 | 日常

「トラに願いを。」by WWF JAPAN

「トラに願いを。」・・・・と言っても今回はタイガースネタではなく。

WWF(World Wide Fund for Nature)で、いま野生のトラを救うプロジェクトを行っています。
WWFとは、世界最大級の自然環境保全団体。
このパンダのシンボルを、コンビニカウンターなどで見たこともあるのでは・・・。
b0183613_1957418.jpg
わたくし、このWWFのサポーターになっています。
と言っても、月何がしかの会費を払っているだけの単なる会費会員ですが・・・。


WWFでは、いつも何かのセーブキャンペーンをしていて、
過去にも「サイを救う」「さんごを救う」などのキャンペーンに賛同して
寄付をしたことがあります。
で、今回は、トラです! タイガーですよ! 
これはもう寄付せずにはおれないでしょう!!(*^^*)
さっそくネットでちょいっ!と寄付を。
b0183613_2013846.jpg

現在、地球上に残っているトラは、なんと4000頭ほどなのだそうです。
森林伐採や違法な狩猟で、驚くべき速さで野生のトラは消滅しつつあるのだそうです。
こんなに親しみのある、綺麗な動物を、絶滅させるわけにはいきません。
ええ、いきませんともっ!

話は変わりますが、「虹の橋」という伝説(?)があります。
かわいがっていたペットたちが先に死んでしまっても、
飼い主が亡くなった時、天国の虹の橋のたもとで
愛した動物たちが待っていてくれる、というお話です。
うちの薄情なミヤ姐は待っていてくれるかどうかは分からないけれど、
ほんのちょびっと寄付したことに免じて、
虹の橋でサイとかトラとかトリとかが待っててくれたらあの世も楽しいだろうなあ、と
そんなことを夢想・・・・・・・・。
でも「絶対ない」とは言えないですもん・・・・。
[PR]

by fenmania | 2009-12-19 20:18 | 日常

一事が万事

この間、神戸三宮のそごうで、5000円買うと500円の金券あげマス的なセールをやっていて、
ふと、愛用の美容液を買いだめしておこうと思い立って買いに行った。
その愛用の美容液はこちらで、まあ安いものではない。
んで、ご存知かどうかは分からないけど、三宮そごうのコスメ売り場は、いつもなぜか空いているのである。
元町の大丸と比べると、悲しくなるほど、空いているのです。
阪神三ノ宮駅から直結してるのに、どうして?と思うけれど、多分これは、
大丸カードのポイント率>>>そごうカードのポイント率 だからだと思われるのですが。

ともあれ目当ての売り場に行って、これこれの美容液をくれ、というと、
まあ、くれましたよ。
しかしながら・・・・
大丸やら阪急やらのコスメ売り場では、絶対にお客を座らせて、
当該商品以外の商品をあれこれ目の前に並べて、ときには化粧を落としてお試しさせてくれたりする。
よほど混んでいない限りはしてくれる。
サンプルもほぼくれるし、少なくとも、椅子に座らせることは間違いなくする。

私が行ったランコムの売り場のお姉さんは、商品を見せ、値段を言い、
私を立たせたままレジに行き、そしてほかの何がしかのセールストークをすることもまったくないままに
商品を差し出して帰らせた。
ほかの客は1名のみ。椅子はすきすき。なのに、接客なし、商品紹介なし、椅子にも座れず。
「ここのランコムにはもう来ないだろうな」と思った。
どこで買っても同じものなら、心地よい場所で買いたいし。
客だからちやほやしてくれ、ということではなく、
プロである以上、するべきことをしないことに、引いた。

そのお姉さんは、交代時間が近付いていて、新しい接客をしたくなかったのかもしれないし、
私の顔が気に入らなかったのかもしれない。
でも接客業って、「一事が万事」って言われるもの。
ほかのお姉さんはどんなに立派でも、
その人のその一瞬の接客1つで客は離れる。
この百貨店不況の時代に、私みたいな買い物フリークを逃がしてしまうなんて、
損したね、そ◎うランコムさん・・・・・054.gif

(この章、自戒も入ってます・・・)
[PR]

by fenmania | 2009-12-16 18:57 | 日常

「風が強く吹いている」観ました

赤星選手の青天の霹靂的引退から数日たちましたが、
まだまだショックを引きずってます。
さて、木曜日、箱根駅伝をテーマにした映画「風が強く吹いている」を観てきました。

三浦しをんさんの原作のほうを先に手に取り、かなりおもしろくて一気読み。
映画化されるのを知って、楽しみにしていました。
ストーリーはまあ、一種のスポーツファンタジー??
弱小陸上部の幽霊部員たちが、ハイジとカケルという2人の天才アスリートにひきずられるようにして
箱根駅伝を目指し、晴れ舞台で思いを遂げるという、
箱根に心血を注いでいる当事者からは非難ごうごうかもしれない、夢のようなお話です。

しかしそこはツワモノ三浦しをん。
10人いる選手一人ひとりにスポットを当て、
泣けるマイストーリーと爆笑はつらつスポ根ものを絶妙にミックス。
「ええ~?! ありえん!」と思いながらも最後まで読ませ、
その上にちょっと感動させちゃったりして。

原作がよかったので、映画はどうなん?と半信半疑でした。
あの長い物語を2時間ちょいにするのだから、
しかも最後の1時間は箱根を走るシーンばかりなのだから、
仕方ないとはいえやはりストーリーはかなりぐちゃぐちゃになってました(;^_^A

が! しかし。
それを補って余りあるのが、駅伝選手を演じる10人の役者さんたちの美しい体と走り。
特に、ダブル主役の1人、カケルを演じる林遣都(はやし・けんと)くんの
走る姿は、息をのむほど美しかったです。
10人の役者さんたちは合宿をして、とことん筋トレとランニングで身体を鍛え、
「アスリート」のリアリティをものにしていました。
「人が走る姿」ってこんなにすばらしいんだ! と、
野球以外のスポーツに興味がない私でも手放しで感動したくらい・・・053.gif

いつもお正月に放映される箱根駅伝、いままでまーーーーったく興味がなかったのですが、
来年のお正月はちょっと真剣にみてみようかなあ。
と、思わせる、心がちょっとウルウルする映画でした。
個人的には、神童を演じた橋本淳くんと、ハイジ役の小出恵介くんがツボでした。

・・・・それにしても、この映画も、最後は、
ハイジがひざを痛めて選手生命を終えてしまうんだよねーーー~(>_<。)ゝ
これしかない、と思い定めたものから、ある日突然、凶暴な力で引き離される。
その悲しみは想像に余りあります。
なんだか、個人的に、赤星ショックを長く引きずりそうです。

b0183613_2041429.jpg

[PR]

by fenmania | 2009-12-12 20:43 | 映画・演劇

RED STAR 墜つ・・・

昨夕の引退会見、リアルタイムで某ワイドショー番組内で放送してたのを息を詰めて見ました。

タイガースが曲がりなりにも優勝争いに参加できるようになったのは、
間違いなく赤星選手の機動力と、その小さい身体にあふれている負けじ魂のおかげだと思っています。
マスコミのインタビューにも流暢で臨機応変な対応のできる、そのクレバーさも大好きでした。
心無いファンのひどい野次に、顔色を変えてやじり返すその熱血ぶりも
短く持ったバットを最短距離で振り、三遊間やセンター前に落とす省エネなバッティングも、
当たり前のように盗塁し、当たり前のようにセーフになり、
当たり前のように2塁から1ヒットで帰ってくるプレイも、
あまりにも当たり前すぎて、それがどれほどすごいことなのか、ファンに忘れさせてしまうほどの
スーパースターでした。

来年、1番に赤星がいないタイガースを考えると、
(さらに、7番に矢野がいない、8番に藤本がいない、今岡がいない、秀太がいない・・・007.gif
なんだか、阪神じゃないみたい・・・・。つらすぎです。

赤星さんの個人HPへの書き込みは、現在2000件以上になっています。
読んでいるとホント泣きそうになります。
その中で、こういうコメントがありました。

『俺が
6年後ぐらいに
阪神で
赤星さんみたいな
1番バッターに
なります』

勝手な引用ごめんなさい。でも心打たれました。
小学生かなあ、中学生かなあ。
ほんとに赤星が好きだったんだね。
私もほんとに好きだったぞーーーー!!!!
。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!
[PR]

by fenmania | 2009-12-10 17:29 | タイガース

ネコ写真集「パリにゃん」にでれでれ。

ネコに関する本や写真集は結構たくさん持ってるのですが、
また買っちまいました・・・。

b0183613_11473986.jpg


この「パリにゃん」はパリに住む家ネコちゃんたちを、そのおうちで撮影した、
いわば、にゃんことパリインテリアの写真集です。
表紙の写真のセピアっぽさも秀逸で。

ネコだけでもかわいいのに、その背景がこんな素敵なインテリアだなんて、
何か、「許せん!」という感じになってくるのです(笑)
我が家では到底無理!
愛猫を撮影しようと思っても、背景に絶対に見せたくないようなものが写ってしまうのです。
無骨なテレビとか、ぜんぜんおしゃれくないカーテンとか・・・はあ・・・

パリの人がみんながみんな、こんなおしゃれな部屋に住んでるはずはないけれど、
こういうお部屋でネコと暮らすなんて、
何だか地上の楽園って感じだニャ・・・・。

b0183613_122548.jpg

[PR]

by fenmania | 2009-12-09 12:05 | BOOK

「学習」と「科学」 

学研の学習雑誌、『学習』と『科学』が休刊するそうです。
そういえば小学生のときは、2冊とも買ってたなあ。
当時から文系志向だったので、『学習』の方が好きで、
『科学』はほとんど読まずにほったらかしてたなあ、
ホンマに、親の心、子知らずとはこのことだわ、とか、
ガキ時分を思い出しながら記事を読んでいたんですが、
『女性訪問販売員を活用して部数を伸ばした』・・・って・・・、うん?
この雑誌、私、訪販ではなく、学校で買ってたんですが。
毎月1回、先生から『購入申込書』みたいな用紙が配られて、
『学習』か『科学』がに丸をつけて先生に返すと、
先生が発売日に雑誌を配ってくれてました。
そ、そんなシステムじゃなかったですか??

考えてみれば、昨今では考えられない販売方法ですよね。
特定の民間企業の雑誌を先生が取りまとめて販売するなんて・・・
マージンとか入ってたのかしら?
それに、個人情報の面でも、堂々と誰が何を購入したか、
誰が購入しないかがが分かる方法で配布するなど、今の学校ではありえない。


昔は牧歌的だった、と感じることが、最近は多くなりました。063.gif
[PR]

by fenmania | 2009-12-03 21:29 | BOOK