<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

追悼PV

昨夜、友達とニシキタのバーに行ったら、
普段はミュージックPVをかけっ放しにしている画面で、
阪神-横浜戦をかけてはりました。
久しぶりの阪神優勢、ジェット風船、六甲おろしを満喫してから、

「やっぱり今日はこれやろ」

ということで、マイコーのTHRILLERとBADで追悼。
久しぶりにTHRILLERを見ましたが、
コンピューターグラフィックが今ほど進化していなかった時代に、
あの映像は、ほんとにすごい。今だにやっぱり見入ってしまいます。

いったい昨晩は、世界中で何千万回のTHRILLERが
家庭や飲み屋でかかったことでしょうね。

1987年、確かマイコーの初来日の時だったと思うんだけど、
観に行った記憶があります。
数ヶ月ほど前後してマドンナも来日して、
こっちも行った覚えがあるなー。
確かどちらも今はなき西宮球場だったと思うけど・・・
たかだか20年前のことなのに、うろ覚えです。
マイケルとかマドンナは、音楽にビジュアル面の快楽を
プラスしてくれた先駆者だったよね。

「永遠の若さ、大人にならないこと」に憧れ、
住まっていた「ネバーランド」に自身を投影させて語っていたマイコーは、
50歳で死に、「自分の言ったことに落とし前をつけた」という格好になりました。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

by fenmania | 2009-06-27 12:08 | その他

セブンイレブンのやり方

昨今新聞をにぎわせているセブンイレブン問題。
手も付けられていないお弁当を廃棄することに悩む加盟店側に、
「人間の心は捨ててくれ」と言いはなったとか。
人間の心を捨てて、商売が清浄に正常に成り立つはずがないのに。
しかも、人の生死をになう食べ物商売が。

こういうのを見ていると、いろいろ問題はあったかもしれないけれど、
阪神大震災のとき、「とにかく損得は考えず、うちにある商品は全部被災地に運べ」と
行政よりも迅速に指揮した、
今は亡きダイエーの中内社長が流通小売業の模範に見えるな。

もったいない。ばちがあたる。
そういう感覚ばかりを持っていては消費が低迷し、景気悪化を招く。
それも一理あるし、なにより、私の商売が
消費喚起を促す目的のものであるのだから、余り大きなことはいえないのですが、
以前から気にかかっている、「フードバンク」的なものが、
もっと注目されてもいいと思う。
自給率が極端に低い日本では、
食べ物は、最後の最後まで有効活用されなくちゃ、将来が心配だ。

現在フードバンクは、一ボランティア団体に過ぎなくて、
食品流通の川下にきちんと位置づけされるには、
膨大な問題が待ちうけていると思う。
たとえば、こういう活動で食品がリサイクルされる先は
低所得者やホームレスのシェルター・児童福祉施設・障害者通所作業所や
共同生活ホーム・母子緊急生活支援施設など、
行政の目配りが余りなされていないところが多いそうなんだけど、
そういう場に住む人たちは、子どもや老人、なかには抵抗力が低下している人もいるだろうし、
その意味で特に食の安全性に不安を持つ人もいるだろう。
また、ボランティアやNPO等は行政機関の下請けではないのだから、
食物流通の一環を民間に託すばかりでよしとするのかという問題も出てくる。

一般の人たちの、「食べ物を捨てるのはもったいない」という
素直な気持ちをうまく活かせるシステムが、
いつかできればいいんだけど。
[PR]

by fenmania | 2009-06-24 11:49 | FOOD

ジェルネイルに。

今日は、午後からニシキタのネイルサロンへ。

1年位前から、月1の割でネイルサロンでジェルネイルをお願いしています。
ジェルネイルは普通のエナメルと違って、
特殊なジェルをUVライトでがっつり固めてしまうもの。
だから相当な負担をかけない限り、爪のエナメルがはげることはありません。
2枚爪の予防にもなるし、約1ヶ月はエナメルを塗り替える必要がないので、
ネイル好きな割にはこまめに塗り直すのがめんどくさい、
のらくらな私にはかなりウレシイ施術です。

その分、やはり多少お高いのかな?
私の通うサロンでは、すごくシンプルなデザインにしても、
古いエナメルのオフ料金を含めて7000円~はかかります。
これにビジューやホログラムなどいろんなヒカリもんをプラスすると、
さらにお高く・・・・・057.gif

爪先のエナメルが少しでもはげちゃってる状態は、
すっごくビンボくさいし、だらしな感充満で
自分で自分を許せないのです(;^_^A
とはいえ、毎日こまめにメンテナンスする余裕がない私は、
結局安易にお金で解決することに・・・・・・・w

きょうは、ピンクパープルの斜めフレンチに、
ブルーグレーのラインをプラスしてもらいました。

好きなネイルの色は、本当はブルーやグリーンなどの寒色系なんだけど、
1か月ずっとグリーンの爪をしているのもなんだか飽きそうで、
どうしてもオーソドックスなピンクやオレンジなどの色を選んでしまいがちです。
1ヶ月の間には、チットはおとなしいかっこしないといけない
仕事の場などもありますし。
それがちょっと不満といえば不満なところかな。
蛍光黄緑とかで、たまにははっちゃけてみたい!・・・・んですが。

b0183613_2033503.jpg

1か月保たせるので、
最初はかなり短くカットしてもらいます。
[PR]

by fenmania | 2009-06-20 20:39 | ファッション

オーラとかスピリチュアルとか

前世とか守護霊とか・・・・・。
素直にハマる人と絶対ハマらない人がいるこれらの世界観。
(香山リカさんの著書にも、そういうタイトルの本がありましたね)

私自身は、「“現代の科学で解明できるものだけが現実”とするのはまったく不条理」と
いう考えなので、前世も霊魂もオーラも、
「あるかもなあ。あって見える人もいるよなあ、きっと」というレベルの
ゆるいスピリチュアリストかも知れません。

また、そういうのとはまったく別物として、
風水は軽く実行してますし、
パワーストーンとかはお守り代わりに愛用しています。

去年の秋以降、リーマンショックにがっつり襲われて、
仕事がぷつんと途切れた時期がありました。
最初はのんびりしていた私も、
仕事依頼の連絡が落ち込んでから、数週間たち1ヶ月経ち、2ヶ月が流れ、
というころには、徐々に蒼褪め、焦り、落ち込んでいきました。

そんな時、ネットで見つけたのが、地元にあるパワーストーンのお店
なぜか目が離せなくなって、
すぐに出かけて行き、
「“かいうん”できるやつで、ひとつおねがいします~♪」と購入したのがこの2つのブレス。

b0183613_20521785.jpg


下の、組紐タイプに使っている石がブルーレースアゲートとアクアマリン、インカローズ。
上の方が、ヒスイと琥珀、ピンクのがクンツァイト。

お店の人が、「開運にはこれがいいですよ」と選んでくれたのではなく、
「石の意味にこだわらず、気になるものを自由に選んだ、その石こそが、
一番自分に必要なパワーを補充してくれる」というスタンスのお店でした。

なので、好きな色、気になる色を選んだ結果、
こんなにヒドクばらばらなカラーコーディネートに・・・

値段もね!
はっきり言って、私には超高価でした。
これで「開運」しなかったら泣くに泣けん、というレベルのお金を出しました、はい。


その後の効果ですか?
・・・・・・・まあ、・・・どんなもんでしょうかね・・・・・・・。
さいわい、「このまま仕事がこないと、廃業の危機か?」
という厳しい状況ではなくなりましたが、
どっちにせよパワーストーンのみでリッチになれるはずもなく。
しかしながら、そんな中で、仕事の依頼が来たときは本当にありがたく、
「ありがとね!」と石にもクライアントにも
心から感謝できるようにもなりました。

これも、心を鎮めてくれる効果なんでしょうかね。

b0183613_219468.jpg

1日身に付けたら、
クリスタルのクラスターの上で
休ませないといけないそーです。

[PR]

by fenmania | 2009-06-18 21:20 | その他

Oggi fa caldo!

今日はなんだか蒸し暑かったですねえ。
夜になっても室温はさほど下がらず。
風通しの悪いマンションの部屋は、
梅雨から夏の間はほんとうに不快感いっぱいです。

さて、タイトルの言葉はイタリア語。
「今日は暑いね!」という挨拶の言葉です。

大学時代に初めてイタリアに行ったときに目にした
天を突くほど巨大なカテドラル、巨大なステンドグラス、巨大なフレスコ画。
何もかもが人が作ったとは思えないほど馬鹿でかくて、
それが宗教や神の威信とダイレクトにつながっていて、
これがヨーロッパか!と震えるほど感動した。
まあ20歳のころですからね、初めて目にするものには素直に反応するお年頃だったんです。
イタリア語も、響きが凄くキュートで、ちょっと学んでみたくなりました。

同じラテン系の語学でも、フランス語やスペイン語とは違って、
発音もさほど難しくなくて(基本カタカナ読みでオッケー)、
しかも、イタリア語やってるって人をあまり知らないので希少性もあり(笑)。

以来ン10年。究めたい!という気持ちだけはあるモノの、
したがって時々はスクールに通ったりするものの、
なかなか集中して修得する、というまでには至らず。

b0183613_20243541.jpg

今シーズンもNHKの『テレビでイタリア語』、毎週見てるけどー。

いまだに、『バスタブつきの部屋ある?』程度の実用イタリア語のレベルから
抜け出せません。
どうあっても、死ぬまでには
「空港カウンターやレストランで言葉わかんなくて立ち往生することがない」
というレベルに持っていきたい!とは思ってるんですが・・・。
日暮れて道なお遠し。

ところで、『テレビでイタリア語』なんだけど、
これが結構おもしろいの。
4月から6月までは、イタリアウンブリア地方でのオールロケ。
カフェやレストランで実際に注文する方法とかをオールイタリア語で教えてくれます。
出演者はマリア先生とマッテオ君。

b0183613_20252422.jpg
マッテオ君はなかなかのイケメン君で、
彼を毎週チェックするのも楽しみの1つなのです。

[PR]

by fenmania | 2009-06-14 20:33 | その他

メカロックオペラ「R2C2」@シアターBRAVA!

クドカンのモノは、とりあえず全部見る、というふうに決めている。舞台も映画もテレビも。
しかしこの「R2C2」は、チケット争奪戦に出遅れて、
S席が取れないため鑑賞をためらっていた。
でも、ラッキーなことに追加公演が発表されて、
無事取れた! しかも座席は前から5列目!

・・・・と喜んだのもつかの間、確認したら一番端っこの席だった・・・メッチャショック。
端って観難いのよね~~~・・・050.gif

b0183613_2239382.jpg


とぶつぶつ言いながら当日シアター入り、
ああやっぱり端は端だ。観にくいことこの上ない。
まっすぐ正面向いたら、アンプしか観えやしねーよ。

しかししかしこんな不平不満も、いざ幕が上がったら
すっかり忘れてしまうほど、舞台に釘付けに!
ああ、クドカンってやっぱり、すきやわ~~~
なんか、脱力感というか、照れ笑いしながらぼそぼそとおもろいことしゃべってるみたいな
そういう風情がたまらん!
私はテレビのお笑いは詰まんなくてまーーーたく見ないねんけど、
クドカンの笑いだけは信じる!
アベサダちゃんも信じる!w

「おはなしのあらすじ」
b0183613_22531641.jpg

時は35年後の渋谷。過去に一斉を風靡した伝説のロックバンド「ザ☆パルコムズ」のリーダー・パルコム田村(阿部)が十数年ぶりに冷凍睡眠から目覚めると、その世界では、音楽はもはや娯楽ではなく、人の心を操るための道具となっていた。戸惑うパルコムは、そこで「R2C2」と名乗るサイボーグ(松田)と出会うが、無駄にオモシロ機能を搭載したその「R2C2」を作ったのは、なんとパルコムの息子クワトロ(森山)だった――。



話がロックなもんで、当然ロックがらみのコネタもいっぱいで、
わたし的には大満足の2時間10分でした。
松田龍平君は、初めての舞台だそうだけど、なかなか初々しくてよかった~
歌も初めて聞いたよ。(ムッチャ音痴なサイボーグという設定なので、うまい下手は不明・・・)
で、なんといっても森山未来君ですよ。
おねーさんは感動した。
ダンスの切れ、シャープな身のこなしにかけては、
もうこれ以上無しのパーフェクト男子。
声も驚くほどよく出るようになってたし、
ピアノ弾きながらの弾き語りは、サ、サービスカットか!!??
前から5列目なのに、オペラグラスで舐めるようにまじまじ見てしまいましたよ。
素敵過ぎて。

クドカン演じる、アジアンという気弱なストリートミュージシャンもツボだった!

ハッピーな2時間10分でした。

えーーと・・・・、グループ魂のライブにも参戦計画中。
[PR]

by fenmania | 2009-06-13 22:59 | 映画・演劇

今年も来た

市民税&県民税の納税通知書・・・・。
1つ分の仕事のギャラが簡単に吹っ飛んだ・・・057.gif

b0183613_1452580.jpg



梅雨入り。
今日は朝からしっかり降っています。
この春は、
インフルエンザ禍で何となく慌しく過ぎてしまいましたね。
[PR]

by fenmania | 2009-06-10 14:15 | その他

あぁ、きっつい

木曜日から、倒れてます。
38度5分の発熱で。
首のリンパ腺がいやに腫れて痛いなあと思っていたら、
すぐに熱が上がり始め、追い討ちで頭痛とむかつき。

今の時期、まじで「まさか新型インフルエンザ??」と思いましたが、
咳やのどの痛みなど、呼吸器官の症状がまったくなかったので、
何かほかの感染症による発熱なのでしょう。
それにしても、金曜土曜はまじで死んでました。
だいたい平熱が35度台なので、38度以上なんて、
レッドゾーンぎりぎりです。
何も食べられなくて、2キロ減った・・・。

b0183613_12512541.jpg

2月に風邪引いたとき大量購入して
残ってたこれ飲んで、なんとか立て直しを試み中。
[PR]

by fenmania | 2009-06-07 12:58 | その他

苦手なセルフカラーだけど

ヘアサロンでカラーリングするのは、だいたい3ヶ月に1度程度。
1か月ごとに自宅で下手なセルフカラーをして、
「あーもう、きったない髪の色!」とガマンできなくなって、
サロンに駆け込むのがちょうど3ヶ月目くらい。

セルフカラーのほうが圧倒的に安上がりなんだけど、
やはり染め上がり具合がサロンカラーと全く違うのと、
自分で自分の髪をいじるのがとても苦手なので、
いつもあんまりうまく染めることができないのが悩みです。

特に、全体をうまく均等に染められるように、髪の毛を小分けにする
「ブロッキング」という作業がめんどくさくて・・。
だからいつも、『簡単なやつ~』と思いながら、
ドラッグストアでうろうろ。

このマンダ●の新製品は、乳液状で、
ヘアクリームでも塗るみたいに髪の表面にちゃちゃっと塗りつけるだけで
簡単に染まるという売り文句が魅力で、思わず購入してしまいました。
そういえば、カエラちゃんがCMに出てますね!

b0183613_20384712.jpg
買った色味はちょい暗めの『生チョコガナッシュ』。
このシリーズは、『マロンラテ』だの
『ハチミツブリュレ』だの『さくらメープル』だの、
乙女心をそそるネーミングが楽しい!
ドラッグで600円くらい。
カラー剤としてはリーズナブルですね。
[PR]

by fenmania | 2009-06-03 20:48 | ファッション