<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

5月のまとめ

毎月必ず10000円近く散財しているものは、たぶん本。
今月購入した本たちです。

b0183613_17502214.jpg



暇な時、寝る前とかはもちろん、
5分以上電車に乗るとき、外での独りごはん、独りカフェ、
家でごはん食べてる時も、まずは本、本がなければチラシでも新聞でも、
何か活字を追ってないと退屈してしまうという活字中毒者です。

こうして見るとあんまりオサレな本や、かしこげな本は
買ってないですねー。

村上春樹さんの新刊、『2』だけなのは、
『1』をネットで注文するも、まだ届いていないのー。
三津田信三の刀城言耶シリーズは、先月からハマって、コンプリート。
北村薫の『ニッポン硬貨の謎』は、
エラリー・クイーンの著名な国名シリーズをもじって、
「EQの幻の国名シリーズが発見され、
それを北村薫が翻訳した」、っていう設定。
EQは10代のころどっぷりハマって全巻読破したほど。
EQらしい言い回しとかをうまく取り入れた、上質のパロディになってます。

で、村上春樹は『さん』で、ほかは呼び捨て?w
[PR]

by fenmania | 2009-05-31 18:10 | BOOK

エコポイントゲット!(たぶん)

実家のテレビはまだ分厚いブラウン管タイプで、
地デジ移行は単なる茶の間の話題でしかなかったんだけど、
このあいだ、視聴中にいきなり画面が真っ黒になるという
すごく分かりやすい壊れ方をしたそうだ。
で、四の五の言ってる間もなく地デジ対応液晶テレビ購入に相成りました。

それがゴールデンウイークのころ。
購入係を任され、ネットで適当なテレビを探すうちに、
「5月15日以降に地デジ対応テレビを買えば、
政府から『エコポイント』なるものがもらえる」
ということを初めて知った次第。
もらえるものならば、もらわないわけには行きませぬ。
例え内容がわからずとも。

で、エコポイント。
5月15日に、無事平成21年度補正予算が国会を通り、
エコポイント制度も発足できることになりました。
今回のお買い物で、ゲットできたエコポイントは
えーと、32型地デジ対応テレビは12000点、
それに、古いテレビをリサイクルして3000点、計15000点の
エコポイントゲットです。いえ~ぃ071.gif

しかしながら、このポイントを
何に交換できるのかということが、まだ決まっていないのです。
現時点では「省エネ・環境配慮に優れた製品」「全国で使える商品券・プリペイドカード」
「地域貢献に資するもの」などとされているだけ。
ポイントで何がもらえるものが分からないのに、ポイント制度がスタートして、
ポイントだけ先にいただいちゃったわけです。

いやいや、まだ今の時点では、正式なゲットではないようです。
政府が作った「エコポイント事務所」に、領収書&保証書を送って、
そこで認証されてはじめてポイントが確定されるそうです。
しかし、この事務所さえ、今の段階でどこが担当するのかが決まっていないそう。

何に交換できるのかなあ。
カタログでも送ってくるのかなあ~?
でも第一、1ポイント=1円 なのかどうかもわからないもんなあ。

いやはや、なんというか・・・、言ってもいいでしょうか、えーと・・・、つまり
とろい?

まあ、夏ごろには多少のことは決まってるんですかね。
一応、目下、15000ポイントゲット(仮)ということで。

b0183613_20502635.jpg


シャープアクオス。この
「世界の亀山モデル」シール
は。
きれいにはがせるのか?
[PR]

by fenmania | 2009-05-30 21:01 | その他

『草迷宮』from寺山修司映像詩展2009@シネヌーヴォ

60~70年代アングラ演劇と三上博史様の大ファンなのだから、
どうしてもどうしてもはずせない映画、寺山修司監督の『草迷宮』。
演技経験のないただの高校生だった三上少年が
オーディションで勝ち取ったのが、この映画の主演。
おんとし15歳のデビュー作品。
寺山さんも見る目があったねえ!(な、生意気で、す、すみません・・・・(゚ー゚;A)

なぜか観る機会がまったくなくて、今に至るも、
いま、大阪の「シネ・ヌーヴォ」という劇場で、寺山映画を20本以上集めた
寺山修司映像詩展2009」というイベントを行っています。

b0183613_192863.jpg



シネ・ヌーヴォ、これはなんといったらいいのか、
メジャーな映画ではなく、 インディーズというか・・・アート系というか・・・
なんせ、あまり人がいっぱい入りそうもない、でも興味深い映画を
こつこつ上映しているミニシアターです。

家からシネヌーヴォまでは、2回乗換えをしなくてはならず、
面倒が先に立って今までいったことがなかったけど、
阪神なんば線開通のおかげで、1本で30分程度で行けるようになったのです!
すごいラッキ~~!


ともあれ、そこで憧れの『草迷宮』が上映されると知り、
今日行ってきました。

『草迷宮』は泉鏡花の原作で、メッチャ乱暴にいうと
少年の母恋いのお話です。
少年役を三上さんが、映画初主演とは思えないほど堂々と演じています。
まあ寺山映画ですから、下半身のもろ出しはあるわ、
女体とすっぽんぽんで絡み合うわ、の熱演であります053.gif(ぼかしはあるけど)。

原色、キモノ、白塗り、軍服、川、海、そして畸形・・・・と、
寺山映画のキーワードが散りばめられ、目くるめくような40分。
寺山さんのドキュメント番組で何度も見た、
日本髪を結って、上半身裸に、下半身に横綱まわしを締めた女性がしこを踏む、
その前の畳の上に、女性の生首が鎮座している・・・という
悪夢のような極彩色のシーンが『草迷宮』の1シーンだったことを
今日知りました。
忘れようにも忘れられない強烈なシーンの、出展がわかってなんかうれしかった。

三上さんは、やっぱりおぼこい感じで、
『日本少年』っていう感じもしたのが意外だった。
それに、声が今と全然違う。
顔の輪郭も違う。
俳優として何10年も過ごすうちに、
美しい外観や、役者らしい発声など、自らの強い意思で作り上げたものが
たくさんあるんだろうなあ、と思います。
しかし15歳でこの世界を見ちゃったら、
もうマトモな人生は歩めないよねえ・・・・

『草迷宮』、見れてよかった!!
このイベント、6月12日までやります。
次は『上海異人娼館』を見に行こうかなあ。
今は亡き美しき山口小夜子さんのお姿をもう一度みたい!

b0183613_19244398.jpg


窓口では「寺山グッズ」もいっぱい。DVDも売ってたよ!
映画チケット、当日券1500円なり。


[PR]

by fenmania | 2009-05-28 19:29 | 映画・演劇

デジタル音痴

「ワタシ、デジタルものに弱くって~~(*'-'*)」

なーーんてカワイ子ぶるのは全然趣味じゃなくて、
もうデジタルでもガテン(ふるっ!)でも、
なんでもがんがん一人でいきたいほうなのですが、
実際問題、デジタルには超弱い、納得できない自分がいます・・・。

さきほど、携帯からPCにUSBケーブルを使って撮影した画像を送るのに、
取り説をひっくり返しながら、1時間近くかかってしまって、
ちょっとがっくり・・(´Д`|||)
テレビの留守録ができないおばさん並みの能力なり・・・・・・

で、七転八倒しながら何とか送った、記念すべき画像第一弾は


これだよ・・・。


b0183613_12591442.jpg

昨日、阪神今津のマクドで飲んだ120円のコーヒー。


もっとほかの画像はなかったんかい!?




しかし、最近のマクドのコーヒーは味がよくなって来てるのはたしか(^^;o)
以前は、ファストフード店のコーヒーは飲めたもんじゃなかったケド。
[PR]

by fenmania | 2009-05-27 13:06 | FOOD

『着倒れ方丈記』展@京都国立近代美術館

写真家&エッセイスト都築響一さんの最新作、『着倒れ方丈記』。
『流行通信』というファッション誌に1999年4月から2006年8月まで、
87回にわたって連載されたものをまとめたものです。
京都国立近代美術館で、その一部が展示されていました。

『そんなに買って、着れるのか?』
エルメス、シャネル、マルジェラ、コムデギャルソン・・・
国内外82の有名ブランドに、こころもからだも捧げた
ファッションフリークの、すがすがしき片思いの記録!


b0183613_16251338.jpg


・・・・という惹句と表紙写真が物語るごとく、
持てる時間とお金を、溺愛するブランドに捧げつくした
『着倒れクン』のオンパレードです。

いやあ、好きだなあ~~~、これ。053.gif
なかには、
「この人、もともと金持ちやんか! 服買うのも、余裕のよっちゃんやん!」
と納得できない人選もあるけど、
ほとんどは、そう多くもない収入のほとんどを、愛するブランドちゃんに
突っ込み、狂信的にコレクションを増やし続ける人たち。

「これと決めたブランドしか買わない、着用しない、愛さない。
そして手に入れた服は手放さない、大切に着る。」
・・・・・なーんて、すっごいエコやん!純愛やん!

私自身、「着倒れ、食い倒れ、住み倒れ」、
どれに近いかというと、もう、圧倒的に着倒れくんシンパです。
食べるものはさほど執着しないし、
住まいを所有することにも、この年齢になってもあまり関心を持てないし。

外観を気にするなんて、詰まらない。
人間、なかみで勝負! なーーんて言う人は今の時代もういないでしょうが、
動物だって、外観気にするよ?
猫が毛を逆立てたり、毛つくろいをしてツヤツヤの毛皮をキープしたり、
そうそう、動物界ではオスのほうが華やかでカラフルな外観持ってるし。
それは、メスの気を引くために進化したんだから。
動物は外観の形態を変化させたり、体表をお手入れすることで
同胞に差をつけたりするしかできないけど、
「衣服」というものを手に入れた人間が、それに執着するのは、当然のこと。
動物も人間も、一緒やん! みんな着倒れクン(笑)。

うーーん、こういう本を読むと、新しい服が欲しくなってしまうなあ。
阪急百貨店のコムデに行ってみようかなあ。
もうクローゼット(と財布)が、恐ろしいことになってるけど!
[PR]

by fenmania | 2009-05-24 17:00 | イベント

ラグジュアリー展@京都国立近代美術館 へ

b0183613_22184280.jpg



昨日は小雨の中、
平安神宮の近くにある“京都国立近代美術館”で開催されている、
ラグジュアリー:ファッションの欲望」という展覧会に行ってきました。


この展覧会のコンセプトは、
『17 世紀から現代までのファッションをラグジュアリーという視点で切り取りながら、
ラグジュアリーとファッションが時代や社会の中でどのようなかかわりを持ってきたかを考察し、
今後の新たな方向を探ります。』
というもの。


「お洋服大好き。ファッションは人生の重点課題の1つ」
とか、年甲斐もなく??思っている私。
別に高価なブランド物に執着しているのではまったくないが、
何を着るか、なにを選ぶか(あるいは選ばないか)は、
かなり端的にその人を映し出すはず。

それに、単純に、洋服って、
見るだけでも、着てみても、買ってもわくわくするし!
024.gif

この展覧会も凄く楽しみにしていた。
なんせ今まで、本でしか読んだことのない
近代オートクチュールの生みの親であるウォルトやら、
それに続くポワレやシャネル、スキャパネリといった歴々の
伝説と化したオートクチュールドレスの実物を目にすることができるのだから。

カルダンとかクレージュとかの、60年代のスペーシーでポップなデザインも
初めて実物を目にして、感激した。
事前に、コムデギャルソンのスペースがかなり広く取られているという話を聞いていたので
それが一番楽しみだったんだけど、
でも、川久保さんには申し訳ないけどw、
ギャルソンの哲学的なデザイン性よりも、
キラ星のようなハイブランドのオートクチュールの
斬新なデザインや技術のすばらしさにくらくらしたよ。昔のなのに。

服って凄いなあ、何なんだろう?と、帰りの阪急電車の中でぼうっと考えてた。
そうそう、このラグジュアリー展と並行して、
写真家&エッセイスト都築響一さんの新しい写真集、
『着倒れ方丈記』の中から数10点をピックアップした写真展も開催されていた。
これもまた心躍る写真集で。

それに関してはまた明日。
[PR]

by fenmania | 2009-05-23 11:50 | イベント

NO CATS NO LIFE

”NO CATS NO LIFE”
トップ画面下の、ドピンクの「ネームカード」にも書いてる言葉。
簡単に言えば単なる「猫キチ」やし。

12年前に路上でみゃうみゃう騒いでいた子猫を
知り合いがウチに運んで来て以来、
“NO CATS NO LIFE” の人生です。

いやあ、おかしいなあ、
それまではわんこが好きだったはずなのになあ。
どんなコずるいやり方で、コイツは私に取り入ったんだ??


まあそれはそれとして、
このオリジナルタンブラー。
『ロイヤルカナン』というブランドのカリカリについてくるのー。
ネットで見た瞬間にホシィと思いましたよ。
6種類あって、それぞれがムッチャカワイイ。
迷った末に、憧れの『メインクーン』という種類のにしました。
詳しくはここね。


b0183613_23224827.jpg



ひとめぼれはいいけれど、しかし・・・
タンブラーとか使わないよ・・・・・
[PR]

by fenmania | 2009-05-20 23:32 | ネコ

たくさんあるとほっとする

週末に私が住む街で新型インフルエンザ騒動が勃発し、
週明けの今日、電車に乗ると、
約7割の人がきちんとマスクを装着してはるので、
ちょっとびっくりした。
マスクって、家に常備してあるモノなんでしょうか?

昨日、何軒かのドラッグストアをまわったけれどすべて売り切れで、
ちょっとまずいなと思って、
すぐにネットショップでハコ買い。

危なかった!
ネットショップでも続々売り切れマークが出ていました。

昨日の夕方ポチって、なんとなんと早くも今日届けてもらえました。
スゴく発送が遅いネットショップもある中で、
助かりました、京都の「上海レビュー」さんw

うーーん、50枚あると、ちょっとほっとしますね。



b0183613_20595661.jpg




明日は、うがい薬の予備を買っておこうっと。

しかしながら、「店からモノがなくなる」というのはスゴイ恐怖です。
17年前の阪神大震災時、あっという間に店頭から
モノというものがすべて消えてゆき、
生きて行くことさえ危ぶまれた時のことを切実に思い出すな。
[PR]

by fenmania | 2009-05-18 21:02

新型インフルエンザ余波で暇なのでブログ開設してみました

ワタシが住む兵庫県A市では
隣の神戸市で新型インフルエンザ国内感染者が発生したため、
「不要不急の外出は控えるように」とのお達しが。

しかも図書館まで休館してしまいました。

しかたなく、休日の時間つぶしのために急遽ブログ開設にトライ。
前々から始めようかな~と思ってたんですが、
いい機会になりました。

お買い物代好きな女子(…というには年齢的にかなり無理あり、ですがw)が、
日々なにを渇望し、なにを手に入れながら生きているのか、を
ゆるーく書いていこうかな、と思っています。


            ~*~*~*~*~*~*~*~

さてさて、記念すべき第1弾目の今日の散財は、
目下神戸そごうで開催されている、
「おやつと、ちょこっとごはん」というイベントで買ってきた、

三田の、「パティシエ エス コヤマ」のバウムクーヘン。

午後1時からの限定品ということで思わず手が出てしまいました。
このイベントは、雑誌「SAVVY」が協賛していて、
京阪神の人気スイーツやパンが集まっていました。
平日の午後に行ってみたのですが、
「北海道物産展」「全国駅弁まつり」とかよりは、人気薄みたいでしたが(笑)。


バームクーヘンは、絵本みたいになってるのがかわいーです。
値段は1100円でした。

b0183613_12442438.jpg

[PR]

by fenmania | 2009-05-17 12:57