カテゴリ:その他( 26 )

よく分からないが i Phone4S 予約してきました

前身のTuka時代も含め、15年以上なんとなくauユーザー。
スマートフォンに移行する気はあったものの、
アンドロイドもなんだかなあ・・・・。
そう思っていた矢先にauでもi Phoneを扱うことになり、
変えるなら今かな、と、今日早速予約のためにauショップに並びに行ってきた。

地元の小さいauショップ、開店10分前で5組ほどの人が並んでた。
ほとんど待つことなく、予約カウンターへ。
接客してくれたお店のお兄さんいわく、「僕たちもまだ実態をよく知らされていないんですよ」。
だからもちろん見本もパンフもないし、
正確な料金体系もスペックもいろんなコースもなにも紹介できない、と・・・・。
手元に何もない、という状態で買物をするのは、考えてみたら初めてかもしれない。

しかも、
「予約をしたらキャンセルできません」、
「ここで決めた色も容量も変更できません」、
「入荷連絡後3日以内に引き取りに来ないと予約解除になります」
と、立て続けに注意事項を並べられ。
・・・これって、softbankでも同じ?appleのやり方?
かなり高飛車というか、上から目線というか、いまどきええ商売してまんなあ。。。。

・・・と感じてしまう私は、どうもapple信者にはなれそうもありませんw
(auだけの予約方法だったら、おおきに失礼)

ま、それはともかく、いつ手に入るか全く分からないが
初スマートフォン。
楽しいアプリをお使いの方、また教えてください。
[PR]

by fenmania | 2011-10-09 21:00 | その他

来年の大河に三上さんが~!

来年のNHK大河ドラマ、松ケン主演の「平清盛」に、
ついに三上博史さんが~~!♪
記事と写真はこちら
なんか松ケンだけ、顔でかくないですか?


いやあ、三上さんは大河にはもう呼ばれないものだと思ってました。
もしかしてNHK自体、初出演?? 記憶が余りありません。
三上さんが演じるのは鳥羽上皇。・・・って、あまり歴女ではないので
鳥羽上皇と言ってもぴんと来ない。
うきで調べると、ああ、なんとなく思い出した・・・。
崇徳天皇、近衛天皇、後白河天皇の三代28年に渡り、上皇として実権を掌握した大立者だけど、
たしか、自分の妻と自分の父親が不倫して生まれた子供といわれる崇徳天皇を疎んじてたのよね。
この時代、うえつかたもいろいろあったんだ。

松ケンには余り興味ないけれど、共演者には玉木宏、松田翔太、上川隆也など
いい男をそろえましたね!
あと、あべさだちゃんも!
清盛の弟、平家盛役に大東俊介くん。
大東君は、朝ドラ関係で何度か取材をさせてもらったときに、
すごくきまじめで、チャラくなく、
集中して自分を高めていくタイプの若手さんだなあと注目していました。
朝ドラから、宮本亜門さんや新感線の舞台を経て
2年で大河。いいじゃないですか!

今年の「江」は、織田信長が死んだ時点で打ち止めしたけれど、
来年の大河、楽しみです。
[PR]

by fenmania | 2011-05-12 14:39 | その他

米がない?

少しは落ち着いたかと、千葉在住の友人宅にさきほど電話してみました。
直下型の阪神大震災とは異なる、大きくて気味の悪い揺れ方が長く続き、
まるで船酔いしているかのような気分だったとか。
幸い彼女の住む街はライフラインも維持できているようなのですが、
スーパーもコンビニも商品の補充がなく、食べ物がうまく買えないのだとか。
二人の食べ盛りの男の子を抱えているので、お米が手に入らないのが一番困る、
ということだったので、
こちらからお米を買って送ることにしました。

まずはネットの楽天市場でお米ショップを見てみたのですが、
お米を専門に扱うネットショップはそのほとんどが米どころの東北エリアにあり、
もちろんショップは閉鎖状態です。
関西や北陸、中国、九州などにあるお米ショップを見てみたのですが、
なんとなんと、ほとんどが『売り切れ』・・・。
なんとか探しまくってネットで確保できるお米を10キロ購入。 
そして近所でもう10キロ買い足しました。
単1の乾電池も欲しいといわれたのですが、
乾電池もこちらでは売り切れ続出で、買えそうにありません。 

私がぼっーっとしてただけで、
関西のみなさんも、地震と同時に生活必需品や食品を買占めに走っていたのかしら??
とにかく、ソーメンとかパスタとか手ものにあるものも詰め込んで、
援助物資便第一便を送り出します!                                                             
[PR]

by fenmania | 2011-03-16 17:16 | その他

節電 その2

関西電力公式HPより

『東日本と西日本では、電気の周波数が違います。
従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。
この周波数変換施のの容量は上限が決まっております。』

私が本日掲載したメール内容は、根拠のないチェーンメールのようでした。
お詫びして訂正いたします。
ですが、今後電力関連の環境がどうなるかも分からず、
とりあえず個人的な節電は続けようと思います。
[PR]

by fenmania | 2011-03-13 16:59 | その他

九州新幹線に乗りたい

とりたてて「鉄子」というわけではないのですが、
新幹線に乗るのは好き!
今月12日に鹿児島までの直通運転が始まる九州新幹線に乗って
鹿児島・熊本あたりまで一気に行ってみたい! とわくわくしています。
新大阪から3時間45分で九州最南端の鹿児島まで行けちゃうんですから!すごいです。

九州への出張仕事が入らないかしらん・・・・
と、たくらむのですが、
実際、九州での仕事など、今まで一度たりとも請けたことがないのだから、
そんなに都合よく仕事は入らないですよね・・・(しゅん)
だったら、自腹でも行きたい!w
鹿児島と熊本を観光して、帰りに福岡で降りて、
ヤフードームでホークス戦を観戦したい!
いっそ、ゴールデンウイークあたり行くか・・・と野望が膨らみます053.gif
ご賛同いただける方、いらっしゃいますか?(笑)

b0183613_18444414.jpg

わくわく
[PR]

by fenmania | 2011-03-05 18:47 | その他

続くか、大河「龍馬伝」!

NHK大河ドラマ。
実家にいるときは、日曜日の晩は絶対にこれがついていました。
今回の「龍馬伝」も、リアルタイムでは見られないんだけれど、
DVDに落として周回遅れで見るようにしています。
映画のようなざらついたセピア色の映像が印象的ですね。

テレビ番組や映画の公式HPを見るのが以前から好きで、
今回の龍馬伝もよくチェックしています。
そのなかで、岩崎弥太郎演じる香川照之さんの
こんなインタビュー記事がありました。

「演出家や脚本家を交えて話したのは1点だけです。
『年齢設定を追っていくか、いかないか』、つまり
『10代は10代、30代は30代の芝居に変えるか、変えないか』ということ」

なるほど。

で、結果的には、
「今回は一切年齢設定を追うのはやめようと話し合いました。
10代でもオッサンでやると!40代同士のオッサンでやると!
結果として、それがどう映ろうと気にしない、という割り切りでやっています。
ですからもう、年齢がどう積み重なろうが中身は変えないという芝居にしちゃいましたね」

確かに、アラフォーの福山君や香川さんが、未熟で無知な10代の
龍馬や弥太郎を演じるのは、難しいでしょうね。
しかもこのとんでもなくクリアなデジタル画像の中で10代の青年を演じるのは
絵的にはとても無理があるはず。

10代でも10代の演技にしない!演者の年齢でやる!というのは、
なかなか斬新に感じます。

去年の『天地人』は秋口でギブアップしてしまいましたが、
今年はどうかな。
1年続く物語は、作る側もたいへんだけど、
見るほうもたいへんですよね。
b0183613_1253255.jpg
どう見ても
10代には見えん。
[PR]

by fenmania | 2010-02-21 12:55 | その他

NHKドラマ「その街のこども」のこと。

震災15年のメモリアルとして、NHK大阪放送局が制作したドラマです。
1月17日の夜に放送されました。

主演は森山未来と佐藤江梨子。
脚本は渡辺あや。(「メゾン・ド・ヒミコ」「ジョゼと虎と魚たち」の脚本家です)
3人とも神戸に育ち、実際に神戸で震災を体験した人たちです。

ドラマは、2010年1月16日の夜から1月17日の早朝、5時46分までのお話。
新神戸駅で偶然出会った男女が、なぜか一緒に三宮から、
女のおばあちゃんの家のある御影(東灘区)まで歩き、
また歩いて三宮まで戻ってくるというロードムービー。
ざくざくとした、手持ちムービーじゃないかって感じの画像が
ドラマにぴったりです。
ことさらに震災時の映像をはさむなんてことは一切せずに、
あわあわと深まる極寒の夜の神戸界隈をひたすら歩く2人。
b0183613_19355774.jpg

2人とも、こどものころに震災を経験したけれど、
今は神戸を遠く離れて東京に暮らしている。
互いに反感を持ちながらも一緒に歩くうちに、
次第に双方がもつ震災へのねじれた思い、傷ついた痛みがわきあがってきて、
それを言葉に表し、行動に転化し、気持ちを再生させながら、
5時46分の三宮・東遊園地(祈り・浄化の場)にたどり着く、という
ざくっとしたストーリーです。

渡辺あやの脚本が絶妙。
震災の時、「その街のこども」たちがどんな思いだったのか。
「その街のおとな」であり、こどもが近くにいなかった私には
想像の埒外ではあったけれど、
そうか、そういうこともあっただろうなあ、
学校がなくなってうれしいこどもばかりじゃなかったんだなあ、
と、自分の想像力の貧しさにはっとさせられました。

そして言葉。
3人ともが神戸弁を使える人たちだから、会話にまったく違和感がない。
これって、大事なことだなあと痛感しました。
学生時代まで使っていたけど、今はもう使っていない、
懐かしい言葉もひさしぶりに聞いた。
「はみご」(仲間はずれ)という言葉や、
目の前の相手に呼びかける二人称の「自分」という言葉。
なんか懐かしくてくらくらした。
森山未来君の神戸弁は、当たり前だけど完璧だ。
私が見ているのはドラマなんかではなく、
今そこで起こっている小さな現実、と思わせるのは
この、「生まれ育った場所の言葉」の威力でしょうね。

渡辺あやは無関係に思える小さなカケラをを積み重ねて
珠玉の物語をつむぎ出す、大好きな脚本家です。
震災云々は別にしても、このドラマは★★★★★。
再放送があったら、ぜひ見ていただきたいと思います。

「その街のこども」
http://www.nhk.or.jp/hisaito/sonomachi/
[PR]

by fenmania | 2010-01-23 19:39 | その他

ハイチへ・・・・

日本ユニセフを通して、
「ハイチ地震緊急募金」に些少ですが募金をしました。
スマトラ沖、パキスタン、四川など各地で起こった自然大災害のたびに、
条件反射のようにユニセフの公式サイトから
クレジットカード引き落としで募金をしています。056.gif
ユニセフに決めているのは、
「どこに送ろうか」と毎回悩むのが
面倒くさいというだけの理由ですが・・・。

ほかにも、各種自然保護のための募金もしているし、
個人的に野良犬野良猫を救う活動をしている人にも
心が向いたらお送りすることもあるし、
収入における「募金率」は、結構、高いほうかもしれません。035.gif

そうなった理由は1つ。
阪神淡路大震災で、被災者となり、救ってもらうありがたさが
身に染みているからなんです。
当時住んでいた地域は、ライフラインの復旧がかなり遅くて、
電気だけは17日当日に奇跡的に復旧したものの、
水道は3月、ガスは4月の末、最寄りの阪神電鉄に至っては
確か6月くらいまで完全復旧はしていなかった記憶があります。
お店もぜんぜん開いてないし、ガスも水もないのですから、
食事の作りようがありません。
1日3食、近くの小学校に、お弁当を家族分もらいに行きました。
炊き出しや、日用品の配布の恩恵にもあずかりました。
水は、全国の自衛隊がタンクローリー車で運んできてくれ、
学校の校庭でポリタンクに入れてくれました。040.gif
他人様の手助けがあって、
何とか生き延びてくることができた経験は、
かなーーり濃く深くカラダに染み込み、
何かことがあると脊髄反応のように「募金」という行為に走っています。
ほんとうは自分の体を動かしてのボランティアが
一番いいのかもしれないけれど、
現実問題、それは無理だしね・・・・。

明日で、あの日から15年。
もう15年、なのか、まだ15年、なのか・・・。
私の感覚では、「まだ15年」。
たかが15年くらいでは忘れることなどできないなあ。059.gif

b0183613_14311097.jpg
毛布に包まるみやちゃん。
さてどこにいるか分かりますか?w
[PR]

by fenmania | 2010-01-16 14:42 | その他

おみくじは吉、柏原君に感動。

今年のお正月はうららかで気持ちよかったですね。

2日の午後は神戸・三宮の生田神社に。
かの紀香嬢が結婚式を挙げた神社です。
(もう、こういうPRの仕方はできなくなりましたが。)

長くおみくじを引いてなかったのですが、
気が向いたので200円を納めて引いてみました。
吉、でした。
「空にむら雲が何チャラ」という和歌でした。
失せものは、「長くかかるが出てくる」そうです。
特に失せもの、ないんですけどね・・・

2日、3日は箱根駅伝にかじりつき。
3日は朝7時半に起きて復路の最初から延々見ちゃいました。
これも「風が強く吹いている」の影響ですね・・・
アナウンサーもこのフレーズを使いまくり。

『華の2区』『山の5区』がやはり目玉だったんですが、
なんと言っても東洋大学の5区走者、柏原君がすごかった・・・・・
トップと4分26秒差の7位でタスキを受けると、6人をごぼう抜き。
区間2位に4分以上の差をつける異次元の走りでゆうゆうトップでゴールイン。
ほかのランナーとはものが違うと、素人の私が見ても、そう確信してしまったほどの
ものすごく力強いフォームで、坂道なんて無いみたいにぐいぐい登り切る姿に
ちょっと惚れました。
その若さ、その際立った身体能力、その天分に、
鬼神のような活躍を見せた09年度の日ハムのダルビッシュ投手を重ね合わせて見てしまいました。


さて、今日は仕事始め。
ことしも頑張ります!
[PR]

by fenmania | 2010-01-05 22:53 | その他

所信表明

先日、新聞に民主党の鳩山首相の所信表明演説の全文が掲載されていました。
いまだかつて日本の首相のこの手のものを読んだことがなかったのだけれど、
(オバマ大統領のはさすがに読みました)
「平成維新」を標榜するこの政変の主役である
鳩山首相が、どう国民の前に未来を宣告するのか知りたくて
頑張って新聞まるまる一面全部を埋め尽くした演説を読んでみました。

ちょっと、感動した。
これって、たぶん今までの自民政権にはなかった文章のような気がする。
(自民の時のを読んでもないのに、ただそう感じるだけなんですけど・・・)

あらゆる特権、あらゆる差別、あらゆる格差を許さない、という
強い意志に満ち溢れてる感じがした。
あの有名な平塚らいてうの青踏社宣言に近い、改革の熱を感じました。

私が今現在、最も尊敬している、そしてどうしてもどうしても
未来の首相になっていただきたいと熱望している湯浅誠さんを
さくっと政治の世界に引き込んでくれたのも
フットワークいいやん! GJ! と、すごくウレシイ。
ともあれ、少し、新聞の政治面を読むのが楽しみになってきました。

所信表明全文はこちらへ。



1点だけ。
2020年までに温室効果ガスを25%削減する宣言をして、
その行動を「チャレンジ25」と名付けたようだけど、
いままでの「チームマイナス6%」プロジェクトはそのまま移行するんだろかね。
「チームマイナス6%」は官民含めたすごい大きなプロジェクトになってるから、
それとの統合性が、仕事柄気になるところです。
[PR]

by fenmania | 2009-10-29 16:32 | その他