「英国王のスピーチ」観ました

遅ればせながら、観てきました。
神戸元町シネリーブル、土曜日のお昼前の部、混み具合は3~4割程度。

1930年代、第二次世界大戦参戦前夜の英国国王であるジョージ6世。
彼は小さいときから吃音で悩み、
厳格な父・国王から強いプレッシャーを受けながら育つ。
吃音のため、マイクに向かって発する国民へのスピーチに成功したことがない。
自分には国民を強いリーダーシップで引っ張っていく国王役なんかとても無理。
幸い次男であったため、国王役は回ってこないと信じていたのに、
王位を継ぐはずの兄のエドワードは恋のためにその地位を捨ててしまった!
人前に出るのが何より嫌いな男が思いもよらず国王を継ぐことになる。

彼の吃音の原因は、幼いころのトラウマに
硬く閉ざされた心だと気づいたセラピストのライオネルは
抑圧された心を解き放つべく、王に向かって型破りなやり方でさまざまに働きかける。
おりしも、ナチス・ドイツがヨーロッパの覇権を狙ってポーランドに侵攻を仕掛ける。
ポーランドの友好国であるイギリスも開戦を決意。
この緊迫した状況の中、国王ジョージ6世は、国民の心をひとつにすべく、
マイクの前でスピーチを行なわねばならない・・・・。

・・っていうのがざっとしたストーリーです。
以下、映画を見ながら順次思ったこと。
●実際に吃音の人は、吃音の原因は心の問題、といわれてどう思うのかなあ。
●ロイヤルファミリーやるもの大変だ。
●イギリスの冬って霧が立ち込めてじめじめして寒そうだ~
●この時代のイギリス人って、家でくつろぐときもネクタイしてるのね。
●うわあ、兄貴の恋人のシンプソン夫人(アメリカ人)、ベッドテクニックに長けた
食わせ物っていう扱いだ。アカデミー賞、よく与えたものだ。
・・・などなどだったのですが、

映画のクライマックス。
ドイツとの開戦を告げ、国民に向かって、
朴訥ながら真摯に語りかける9分間にわたる王のスピーチ。

英国にとって、第一次世界大戦に次いで2度目の苦難の時代を迎える。
我々とは異なる文化が我々に襲い掛かろうとしている。
我々はそれに飲み込まれるわけにはいかない。
「つらい日々になるけれど、力を合わせてこの苦境をみんなで乗り越えよう」。

・・・というような内容で、普段だったら「そうですか」てなもんですが、
東北大地震直後のこの時期にあまりにぴったりすぎて、
ちょっとうるっと来てしまった。

もちろん、日本の今の状況に、戦争前の国威高揚のために行なったスピーチが
ふさわしいとは言えないのだけれど、
「心を支え、ひとつに結ぶ言葉」という一点において、
どこか合い通じるものがあるような気がしました。

また、スピーチの前半は、
「いかにうまく、つまずかず、スピーチをこなせるか」に汲々としていた王が、
後半、次第に、国王らしい威厳と愛情を持って
国民に深く語りかけていくようになる、
その推移がすごく感動的でした。

王の幼い娘二人がキュート。
王妃のエリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)もよかった。
[PR]

by fenmania | 2011-03-27 19:30 | 映画・演劇