『シーサイドモーテル』 観に行きました。

以下、『シーサイドモーテル』について
低評価なコメントですので、
これから観られる人、この映画のファンの人は
ご覧にならない方がよろしいかもしれません。ということを申し上げて。

古田新太、山田孝之、玉山鉄二、麻生久美子、小島聖など、
好みの俳優さんそろい踏みということで
ものすご~く楽しみにしてたのに! 
この出来は、むちゃショックやわ!

先日のブログで、
『翌日まで頭から離れない映画と、
見終わった瞬間に頭からフェイドアウトしていく映画があります。』
と書きましたが、この映画はそのどちらでもなく。

ではどんな映画かというと、
『いったいこの監督はこの豪華なキャストを使って
何を訴えたかったのだ?』と数日間頭がぐるぐるするような映画でした。

いえ、べつに、「訴えたいこと」なんかなくてもいいんです。
ワハハと笑えて楽しい気分で映画館を出れれば。
ところがこの映画、コメディの仮面をかぶっているけれども
ちっとも笑えなくて、やりきれない感じがいっぱい。
どっかにペーソスが隠れているのかというと、そんなセンスも感じられず、
申し訳ないが『監督の壮大な無駄遣い』にしか見えない。

これはいわゆる「グランドホテル形式」という映画で、
  (グランドホテル形式とは、同一時間及び同一の場所に集まった
   複数の人物の行動などを、同時進行的に一度に描く作品の手法の事。
   映画『グランド・ホテル』によって効果的に使用された為、この名が付いている。
   日本映画で有名なのは、『THE 有頂天ホテル(by 三谷幸喜)』)
シーサイドモーテルという名のしけたモーテルに泊まる4組の一癖ありそうな集団が
「だましだまされ」ながら翌朝を待つ、というのが、思い切りざくっとしたストーリーです。

ちょっとネタバレになるけれど、
4組の宿泊客のうち、結局ダレも幸せにならない。
未来に希望も見いだせない。
かといって、青山真治や西川美和監督のように、力づくで、
「生きること」ってなに?と考えさせる脚本にはほど遠い。
ストーリーはなんだか安易で、
こうなるやろなーと推測したまんまにほぼ進んでいって、
『キサラギ』ばりのひねりも皆無。

監督さんはCMやミュージックビデオ出身の方で、
森山未来君の『スクールデイズ』に続く2本目だとか。
この監督さんの映画は多分、もうしばらくは観ないかも・・・

山田孝之も玉鉄もグロくて良かったんだけど、
作品としては、ムッチャ残念な感じでしたわ。
あと、温水洋一さん演じる拷問師の行う拷問が、
ひどく気持ち悪くて、そればっかり頭に残って、最悪~~~・・・・・008.gif
b0183613_1533248.jpg

山田孝之の裸はエロい!!
[PR]

by fenmania | 2010-06-13 15:11 | 映画・演劇