NHKドラマ「その街のこども」のこと。

震災15年のメモリアルとして、NHK大阪放送局が制作したドラマです。
1月17日の夜に放送されました。

主演は森山未来と佐藤江梨子。
脚本は渡辺あや。(「メゾン・ド・ヒミコ」「ジョゼと虎と魚たち」の脚本家です)
3人とも神戸に育ち、実際に神戸で震災を体験した人たちです。

ドラマは、2010年1月16日の夜から1月17日の早朝、5時46分までのお話。
新神戸駅で偶然出会った男女が、なぜか一緒に三宮から、
女のおばあちゃんの家のある御影(東灘区)まで歩き、
また歩いて三宮まで戻ってくるというロードムービー。
ざくざくとした、手持ちムービーじゃないかって感じの画像が
ドラマにぴったりです。
ことさらに震災時の映像をはさむなんてことは一切せずに、
あわあわと深まる極寒の夜の神戸界隈をひたすら歩く2人。
b0183613_19355774.jpg

2人とも、こどものころに震災を経験したけれど、
今は神戸を遠く離れて東京に暮らしている。
互いに反感を持ちながらも一緒に歩くうちに、
次第に双方がもつ震災へのねじれた思い、傷ついた痛みがわきあがってきて、
それを言葉に表し、行動に転化し、気持ちを再生させながら、
5時46分の三宮・東遊園地(祈り・浄化の場)にたどり着く、という
ざくっとしたストーリーです。

渡辺あやの脚本が絶妙。
震災の時、「その街のこども」たちがどんな思いだったのか。
「その街のおとな」であり、こどもが近くにいなかった私には
想像の埒外ではあったけれど、
そうか、そういうこともあっただろうなあ、
学校がなくなってうれしいこどもばかりじゃなかったんだなあ、
と、自分の想像力の貧しさにはっとさせられました。

そして言葉。
3人ともが神戸弁を使える人たちだから、会話にまったく違和感がない。
これって、大事なことだなあと痛感しました。
学生時代まで使っていたけど、今はもう使っていない、
懐かしい言葉もひさしぶりに聞いた。
「はみご」(仲間はずれ)という言葉や、
目の前の相手に呼びかける二人称の「自分」という言葉。
なんか懐かしくてくらくらした。
森山未来君の神戸弁は、当たり前だけど完璧だ。
私が見ているのはドラマなんかではなく、
今そこで起こっている小さな現実、と思わせるのは
この、「生まれ育った場所の言葉」の威力でしょうね。

渡辺あやは無関係に思える小さなカケラをを積み重ねて
珠玉の物語をつむぎ出す、大好きな脚本家です。
震災云々は別にしても、このドラマは★★★★★。
再放送があったら、ぜひ見ていただきたいと思います。

「その街のこども」
http://www.nhk.or.jp/hisaito/sonomachi/
[PR]

by fenmania | 2010-01-23 19:39 | その他